「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

明日は久しぶりに保育園へ

今回のポンすけの入院騒動では、皆様にずいぶんご心配をおかけしました。
温かい励ましのメッセージ、ありがとうございました。
いずれも本当に嬉しく、中には、“(小さな子供が入院したのは)我が家だけではないんだなぁ”とホッと(?)したりもしました。

さて、明日から4月。
ポンすけも新しい1歳児クラスの最初の日に、登園できそうです。

先週の土曜日(3/22)の晩から、1週間以上経った日曜日の朝方まで、高熱が続き、とても心配しましたが(退院後にももう一度、同じ病院につれていっています)、昨日・今日と、少し食べ物やおもちゃにも興味を示したりする余裕も出てきて、少しずつポンすけらしさが戻ってきました。

見た目はそれほど変わりませんが、体重も1キロくらいは減ってしまったようです。
(もともと大きい子なので、ガリガリになる心配はないのですが)

1週間以上、病院のベッドや家の中に閉じ込められて、相当ストレスが溜まったことだろうと思います。
家では、何度も靴や上着を自分で持ってきて、“保育園へ行こう”とアピールしていました。

まだときどき咳をしているし、明日登園してもすぐに熱を出して“お呼び出し”になってしまうかもしれませんが、ポンすけにとって新しい1年のはじまり、元気に送り出してやりたいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-31 22:02 | 家族 | Trackback | Comments(5)

新しい外国語勉強法の提案 「英語は逆から学べ!」

トレンダーズから、ブログモニターに選ばれ、
英語は逆から学べ! ~最新の脳科学でわかった世界一簡単な外国語勉強法~
の本をいただきました。
b0075888_2148497.jpg
応募したきっかけは、英語への苦手意識を克服したかったからです。

私は、ある時期までは英語がどちらかといえば得意だったのですが、大学生になった頃には苦手になっていました。

例えば、小学生の頃には、近所に住んでいたイギリス人のご家庭で子供たちと一緒に遊んだり、英語を教わったりしたことがありました。
中学・高校では英語は得意科目のほうだったし、高校から派遣される短期留学プログラムに応募して最終選考まで残ったこともありました(結局、選ばれなくて参加できなかったのですが・・・)。
大学時代には塾の講師や家庭教師で英語も教えていたこともあるのですが、ふと気がつけば苦手になっていて、仕事で英語を使わなければならないときのプレッシャーといったらありません。
いつまでたっても英語が話せるようにならない・・・。
こんな私と同じような人は、多分、他にもいらっしゃるのではないでしょうか。

著者の苫米地英人(とまべち・ひでと)さんは、英語教育の家系に生まれた脳機能学者です。

まず、本を読み進めていくと、日本語を自然に覚えた「日本語脳」とは、まったく別の「英語脳」をつくる!、と書かれていました。
日本語の頭で外国語を覚えようとする、その方法が間違っているのだそう。

赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じように(まさに今のポンすけのように)、目で見て、最初は音から真似をしてだんだんと言葉らしきものになってくる・・・ように、だんだん英語の音や単語が耳に届いてくる、映像を見ながらなら意味がある程度分かる、というのが良い方法なのだそうです。

「英語脳」をつくるためには、日本語を見ない・聞かない・使わない環境で、なるべく長い間、映像つきの英語(字幕もなし。アメリカのソープオペラが最適だそう。)を流し続けるのが近道なのだそうです。
(詳しい方法については、本をご覧ください。)

昔、NHKで放送していて、雄サンも私も大好きだった海外ドラマ、「ダーマ&グレッグ」のDVDでも買って、観てみようかなぁ、と思いました。

他にも、脳の学習限界年齢という意味の「クリティカルエイジ」という考え方や、日本の英語教育の問題点など、興味深い話題がたくさん紹介されていました。

ちなみに、この本には、「自己実現力」「記憶力」「IQ(問題解決力)」などの能力を高める特殊音源CDが付いているのですが、これがまるで環境音楽のように安らぐのです。
(これをリビングでかけていたら、雄サンとポンすけが眠ってしまいました。)
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-30 21:45 | 仕事にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(2)

「ちっちゃなスティックケーキのレシピブック」

何度も書店で気になって見ていたのですが、先日(入院騒動の前です)、やはり購入することにしました。

ちっちゃなスティックケーキのレシピブック―15cmの角型ひとつで作れる、「つまんで、ぱくりっ」のプチなお菓子35 (別冊すてきな奥さん)
b0075888_12483562.jpg

15cm×15cmの焼き型でつくる、焼き菓子中心のレシピはもちろんですが、贈り方のアイデアやラッピング、写真などがとてもセンスが良くて、参考になるなぁと思います。

まだ1週間以上あったけれど、なかなか作る時間も取れそうになかったので、1年弱、お世話になったポンすけの保育園の0歳児クラスの担任の先生方に、ほんの気持ちだけですが、手づくりのお菓子を贈ろうと思い、レシピの中の一つ、黒糖のチーズケーキを3月20日の祝日に作ってみました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、翌日、先生お一人お一人への小さなメッセージを添えて、ラッピングしてお渡ししました。

先生方はとても喜んでくださって、「園長にも渡しておきました!」と報告をいただきました。

まさか、その日が「0歳児クラス」最後の日になるとは、誰も想像もしていませんでした。
明後日、4月1日からは、「1歳児クラス」に進級するポンすけ。
元気に登園できればいいのですが・・・
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-30 17:48 | 家族 | Trackback(1) | Comments(2)

退院しました。

ポンすけの肺炎や熱などの症状が収まってきたのと、病院に泊まりこんで看病を続ける私達の疲れもピークに達したため、主治医と相談して退院して、あとは家で様子を見ることになりました。
肺炎を患った後は他の病気への抵抗力も弱くなっているため、ポンすけはまだ数日は家にいなければなりません。

私たちが結婚してからの8年間近くで、最も苦しい一週間でした。
私の両親にも長時間看病にあたってもらい、夜は雄サンと交替で泊まりこんだりして、何とか家族みんなでこのピンチを乗りこえることができました。(まだ完全には終わっていませんが、難局は切り抜けたと思います。)
ポンすけも小さな体で本当によく頑張ってくれました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-29 12:17 | 家族 | Comments(29)

簡単!豚の角煮

(先週作った料理です。)
普段はレシピなどを何も見ないで冷蔵庫にあるものでパパッと料理を作りたい、ワーキングマザーの私ですが、きちんと作ってみたいときや作り方がいまいちよく分からないときには、家にたくさんある料理本を見たり、ネットでレシピを検索することもあります。

ネットのお料理レシピということで、「トレンダーズ」からオススメされて、使ってみたのが、こちらです。

アジパンダ(R)レシピTV
味の素KKのHP人気コンテンツ「レシピ大百科(R)」から、毎日、朝食・昼食・夕食の時間に合わせて、それぞれ味の素KKいちおしのレシピを表示します。
また旬の食材に関するうんちく情報も配信します。献立に迷ったユーザーに「アジパンダ」がヒントをくれるお役立ちコンテンツです。
b0075888_12371926.jpg

味の素株式会社が提供している「レシピ大百科」のレシピが、デスクトップ上に表示されます。
(「企業コラボウィジット」というそうです。)
朝・昼・晩の3回、メニューは更新され、他のレシピもモチロン探せるので、日々の献立に悩む人にはピッタリかもしれません。

で、「レシピ大百科」のレシピを検索して、作ったお料理がこちら。

メインは、簡単!豚の角煮
b0075888_12385873.jpg

煮汁が多くなってしまったので、ちんげん菜も同じ鍋にほおりこんでしまいました。
仕事から帰ってからでも作っていただくことができました。

ついでに、副菜も検索できます。
菜の花の胡麻マヨ和え
b0075888_12392157.jpg

菜の花はなかったので、ブロッコリーで代用しました。
菜の花といえば「辛子和え」が定番の我が家ですが、わさび・胡麻・醤油・マヨネーズという新しい食べ方を発見できました。

ところで、このパンダちゃん、雑誌の広告やスーパーに置いてあるレシピカードなどで見たことがあったのですが、「アジパンダ」ちゃんと言う名前がついていたんですね!
なんだか可愛いです。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-25 22:08 | きょうの料理 | Trackback | Comments(4)

ポンすけの入院

午前中の仕事を代わってもらうことが出来、初めての入院で私達もポンすけも不安なので、私が夜までそのまま付き添うことにしました。
着のみ着のままで入院してしまったので、雄サンが来てくれたら交替してうちに帰ります。
(今夜は雄サンが泊まり込み、明日の朝に私の両親とバトンタッチします。)

心配してたくさんのお友達が「何かあれば手伝うよ!」と頼もしいお言葉を下さって、とても嬉しかったです。
初めての入院で何をしなければならないのかも分からない状態です。どちらかといえば看病も苦手な私、少し熱が下がってき元気な笑顔も見せてくれるようになったポンすけと、久しぶりにベッタリと母子同室(一年前の出産した時が懐かしい…)で過ごした1日でした。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-25 18:30 | 家族 | Comments(15)

ポンすけと入院

土曜日の晩からの高熱が下がらず、小児科のある救急に連れて行ったところ、肺炎で急遽入院することになってしまいました。

明日の仕事まで、今晩はまず私が付き添うことにしました。
(義父母の長期入院の看病はしたことがありますが)
こんな小さな子供が入院なんて初めてのことで、戸惑っています。

まだ小さいのに、退院までずっと点滴のチューブをつけて過ごします。
かわいそうなことになってしまいました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-24 23:52 | 家族 | Comments(20)

ベランダにも春の訪れ その2

ベランダで水遣りをしていたら、真夏から冬の間すっかり枯れてしまっていた「ムスカリ」の鉢に、小さな花が咲いていました。
b0075888_1158821.jpg

球根で年を越す植物なのですが、花を咲かせてくれるのも3年目になりました。
b0075888_11582731.jpg

高熱が出ていて外にいけないポンすけにも、見せてあげました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-24 12:00 | わがや | Trackback | Comments(0)

ショウタニのスイーツ色々

先日ご紹介した、「ケーキハウスショウタニ」のお菓子ですが、その後、このブログの読者でもある雄サンの同僚の方がうちへいらしたときに、きなこの「和の心」をお土産に持ってきてくれました。

そのお友達いわく、「ショウタニといえばシュークリームですね」、「最近、職場の近くに新しいお店もできましたよね」と話していたので、シュークリーム好きの私のために、昨日、土曜出勤したついでに雄サンが買ってきてくれました。
b0075888_16224767.jpg

バリッとしたシュー皮に、トロトロの濃厚なカスタードクリーム。
そして、かなりサイズは大きめで、(お値段もいまどき珍しい1個105円と聞き)大満足でした。

他にも、
・「和の心」(和三盆)
・プリン
b0075888_11524616.jpg

・お餅のパイ(さつまいも餡、粒餡)
b0075888_11531853.jpg

・焼きチーズケーキ(?)
なども買ってきてくれたので、写真や感想を順次UPしていきますね。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-23 16:24 | お気に入り | Trackback | Comments(2)

ポンすけ専用キッチンができた

我が家のリビングに、ポンすけ専用のキッチンができました。
説明するよりも、写真で・・・

ジャーン!!
b0075888_11543754.jpg
すごいでしょ!?

BorneLundのキッチンセンター
2個のコンロにシンク、引き出しにオーブン、食洗機、調味料入れやツールかけ、時計までついている機能的なキッチンです。
私がこれでお料理をしたいくらいです。

昨日、「(お友達のお子さんが)小学校へあがるのでこれから使わなくなるからよかったら使ってください」と言って、ポンすけに譲ってくださいました。

もともと持っていたおままごとセットの一部が同じ、もっとデラックスなものも一緒にいただいて、お店屋さんごっこができるくらいにアイテムも増えました。

昨日遊びにきていた子供たち(全員男の子)も、カレーを作ったり、ハンバーグプレートを作ったりして大人たちに食べさせてくれたりして、楽しそうに遊んでいました。

もともと、おままごと遊びやリアルな台所の器具が大好きだったポンすけは、もちろんお気に入り。
お兄ちゃんたちと一緒に、手やお皿を洗ったり、お手伝いをしたりして楽しそうにずっと遊んでいました。
(その間、手が空いた私は、ママたちとお茶を飲んだりおしゃべりしたりできました。まったくすごい集中力でした。)
b0075888_17304477.jpg
私の子供の頃にもこんな素敵なものがあったらなぁ、と思いました。


[PR]
by monsteracafe | 2008-03-23 12:33 | お気に入り | Trackback | Comments(2)