「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

子どもと一緒に楽しめる、ハーバーランドの新施設

今日は午後から雨の予報ということで、ポンすけの服や育児用品などを買いに、ハーバーランドに4月にオープンした商業施設、「familio(ファミリオ)」へ行ってきました。

我が家が愛用している、子供服のお店「レモール」や「マザウェイズ」などが入っているほか、地下1階には、家族みんなで楽しめる知育レストラン、キッズライブラリーフードコート「PLAY!」があります。
b0075888_1013845.jpg

フロア全体が木の根っこやありの巣などをイメージして作られていて、子どもでなくとも楽しい気分になってしまいます。

お腹が空いていたので、まずは「ありの巣エリア」でお昼を食べることにしました。
(「リンガーハット」の皿うどんをポンすけと一緒に食べました。皿うどんはよく自宅で作るのですが、ポンすけの好物の一つです。こちらがその気になれば、彼女一人で半人前くらいは食べそうです。)
b0075888_1035734.jpg

ある程度の大きさの子どもならすっぽりと入れる穴が空いていたりして、子どもたちに大人気でした。
ポンすけは、すぐに出たがり、私たちと一緒にお花の形の椅子に座って食べていました。
b0075888_1051053.jpg

私が一番見たかったのは、絵本ライブラリーです。
b0075888_1053862.jpg

絵本の読み聞かせのサイト「ミーテ」で人気の絵本がズラリと並んでいました。
気になっていた絵本も、懐かしい絵本も、我が家にもある絵本も、たくさんありました。
b0075888_1065690.jpg

ポンすけに新しい絵本を・・と思っているのに、ポンすけが選んだのは、うちで何度も読んでいる絵本(「きんぎょがにげた」)でした。
b0075888_1074219.jpg

ソファや椅子、テーブルもたくさんあって、ゆっくりと絵本を読んであげることができます。
b0075888_108163.jpg

気に入ったのは、本物の絵本を照明に使っているという、センス!
素敵な空間で、雨の日に親子でゆったりと過ごすにはピッタリの場所でした。

他にも、タッチパネルで遊べる大画面(「ピッケのおうち」)や、
b0075888_1010196.jpg

大きなブロックによじ登ったり倒したりして、大興奮のポンすけでした。
b0075888_10105943.jpg

個室になっている授乳室や、
b0075888_1093036.jpg

清潔なオムツ交換台も用意されていて、小さな子供と一緒の家族連れにやさしい施設でした。
b0075888_1094693.jpg

[PR]
by monsteracafe | 2008-05-31 23:04 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

ヨガを再開予定

転職・妊娠前までは週1回通っていた、ヨガ。
(当時会員になっていた、スポーツジムのプログラムで1回1時間のレッスンでした。時々パワーヨガやピラティスなども。)

しばらくお休みしていましたが、再開することにしました。
・・・といっても、平日は毎日退社後にはポンすけのお迎えがある今、週1回のレッスンは無理!なので、参加するのは土曜日の早朝のレッスンです。

そう、阪神御影駅前にこの春オープンした商業施設、「御影クラッセ」で、7月に早朝ヨガのレッスンがあるのです。
屋外で1時間、嬉しい1コイン(¥500-)制。
朝から気持ち良く、体をリセット&リフレッシュして、休日をスタートできそうです。

初回はお友達と一緒に参加することにして、早速応募しました。
朝早いのですが、電車に乗って、行ってこようと思います。

ヨガの後、「スターバックス」で朝のコーヒーを飲むのも楽しみの一つです。

■ クラッセ 朝ヨガ
日時 : 2008年7月26日(土) AM7:30~8:30 (60分)
場所 : 御影クラッセ(阪神御影駅北、徒歩1分) 1階広場
インストラクター : 中野 仁美先生(「Aroma Body Healing あいりす」)
参加費 : 1名500円(当日会場にて徴収) ※対象:中学生以上
持ち物 : ヨガマット(または代用品になるもの)

【応募方法】
参加希望者は、電話にて応募(6月30日まで)
御影クラッセ運営管理事務所「朝ヨガ」係 078-843-7600
(受付時間 : 10:00~18:00)
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-30 12:14 | Health | Trackback | Comments(4)

岡本のカフェ「yuddy」さんでお茶

今週は雄サンと私、交互や同時(!)に夜の予定が詰まっていて、忙しい一週間です。

今日は、最近月に一度くらいのペースで会っている、同世代の働く女性のお友達と、岡本で会ってきました。

久しぶりに、「yuddy」さんに行きました。
(本当は姉妹店の「tim-ma-ma」に行きたかったのですが、2008年夏ごろまで内装のリニューアル工事中だそうです。)

今日の日替わり定食も美味しそうでしたが(白身魚の花椒風味、気になります・・・)、
2人とも、「たけのことアスパラガス」のカレーにしました。
b0075888_9543368.jpg

お店のオリジナルブレンドの八穀米に、たけのこ、アスパラガス、エリンギの入ったカレー。
とてもおいしかったです。

冷たい中国茶はセットでついていて、おかわりできるので、そのままスイーツを頼んで、結局閉店まで長居してしまいました。
b0075888_95956100.jpg

友人は、香港の女性がこぞって食べている、翌朝肌がプリプリになるという、「亀ゼリーのつばめの巣のせ」を、私はきなことごまの和風ティラミスをいただきました。

少し胃の調子が良くなかったという友人は、亀ゼリーを食べたらかなり回復してきたそうで、その効果(!?)に店員さんも私もビックリしました。

昨日の渋井真帆さんのセミナーの話や、他の女性起業家の講演や著書の話、最近流行っているものやチェックしているもの、気になるもの、お互いの仕事の話、恋愛や結婚、育児のことまで、喋り尽くし、楽しい夜になりました。

ヨディ (yuddy)
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-29 23:51 | refreshのために | Trackback(1) | Comments(0)

渋井真帆さんのセミナー

以前、雄サンに「受講してみたら?これは役に立ちそうだから。」とチラシを渡され、申し込んでいた、日経新聞社主催のセミナー「幸せキャリアの咲かせ方」に仕事帰りに参加してきました。

講師は数々の著書を持つ、株式会社マチュアライフ研究所渋井真帆さん。
b0075888_10251232.jpg

雑誌のインタビュー記事などでは拝見したことがありましたが、どんな方なのか、興味がありました。
私の好きなターコイズを基調にしたワンピースとカーディガンといういでたちで壇上にあらわれ、最初から最後まで、2時間たっぷりと少し早めの強い口調で、時には笑いを取りながら、イキイキとお話されていたエネルギッシュな姿が印象的でした。

今回のお話の中心は、昨年出版された著書「チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People」をベースにしたもの。
b0075888_10232986.jpg

渋井さんはキャリアセミナー講師として企業したばかりの頃、この原書と出会い、本に書いてあったことを信じてそのまま実践して現在の成功を収めたのだそうです。

 *****

セミナーでお話してくださったことを要約しますと、

人間というのはそもそも、自分自身にしか興味がない。それが本性。
たいていの人間は、常に、他人から“大切に扱われたい”、“特別な存在として認められたい”、“すごい!と思われたい”と思っているのだそうです。
具体的には、“きれいになりたい”、“仕事で成功したい”、“お金持ちになりたい”・・・といった形で努力します。

でも、みんなが自分だけを見ている状態(I see me)では、みんながお互いに満たされないので、不幸になってしまいます。
そこで、自分自身に向けている関心や視線を、5%でも10%でもいいから少し相手に向けてみましょう(I see you)、と。
その相手とは、彼や夫や家族であったり、上司であったり、職場や会社であったり、自分達が暮らしている大切な土台である社会そのものであったり。

「“私はこんなに頑張っているのに、なぜ周囲は理解してくれないの!?”と、相手のことを理解せずして、自分の感情ばかりにとらわれてはいませんか?」と言われ、私も含め、ドキッとした人は多かったと思います。

 ***

ビジネスや人生で成功するために必要なのは、
“この人のために一肌脱いでやろう”、“チャンスをあげよう!”、“何かしてあげたい”と思ってもらえるほど相手から愛されること。
(いきなり愛されずとも、少なくとも相手から必要とされること。)

そして、ビジネスの世界で稼ぐセオリーは、
「相手のことをよく見て、何を欲しているのか(wants)を知り発見してニーズ化して、(自分の仕事や事業によって)解決してあげる」こと。

いずれも、相手のことをよく見る(I see you)ことからスタートしなければなりません。

渋井さんは具体的な実践例として、

・上司が見る資料は、上司が必要とする視点で、上司の目的に沿った内容・形式で書く。
・雑誌へ持ち込む企画を考えるときは、その雑誌の持つコンセプトや好きなテーマや言葉づかいを意識する。

などを挙げていました。
上司への報告、クライアントへの提案など、場面が変わっても、「相手の立場になって、相手と同じ目線で」という姿勢は全く同じです。

仕事をする姿勢というものを、改めて考えることができました。

他にもいろいろな面白い話があったのですが、紹介しきれないのが残念です。
渋井さんの著書を一通り読んでみたいと思いました。

 ***

後半は、「社会を知る」ための方法の一つとして、世界中の人間の欲望と行動が繰り広げるドラマ(=経済行動)のかわら版ともいえる、日本経済新聞を読みこなすコツが紹介されました。

こちらは、「渋井真帆の日経新聞読みこなし隊」という本でも紹介されているようですので、後日またご紹介したいと思います。
b0075888_1022108.jpg

セミナー終了後、本に渋井さんのサインをしていただき、握手させていただきました。

渋井さんと交わした会話の中から、
自分自身の中にいくつ種が眠っているか分からないけれど、100の種から1つしか開花できなかった人よりも、10の種から2つも3つも花を咲かせられた人のほうが人生はハッピーになる。
花が咲くまで、実践あるのみ。

いつでもチャンスをつかまえられるように、そして大きな花が咲かせられるような土も耕して、皆さん幸せになってくださいね、という力強いメッセージを感じました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-28 23:52 | 「働く」ということ | Trackback | Comments(4)

カフェラテの泡に浮かんだハート型

今日、立ち寄ったカフェでカフェオレを注文したら、泡のところにハートの形が浮かんでいました。こういうの、確か「ラテアート」っていうんですよね。
b0075888_1233151.jpg

時々、こうしたサービスをしてくれるお店やスタッフがいらっしゃいますが、ちょっぴり嬉しくなります。
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-27 23:02 | refreshのために | Trackback | Comments(0)

映画 「僕の彼女はサイボーグ」試写会

仕事帰りに、映画「僕の彼女はサイボーグ」の試写会に行ってきました。
b0075888_11591223.jpg
監督は、韓国映画「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」の、クァク・ジョエン。

主演は綾瀬はるかさん。
特殊効果のせいもあると思いますが、どう見てもサイボーグにしか見えない、素晴らしい演技でした。

本作の大部分が昨年1月~3月の約2ヶ月間にわたり、神戸市内で撮影されたそうです。
冒頭から、神戸大丸や震災後再建された洋館のレストランなど、旧居留地や神戸南京町など、私にとっては馴染みの風景があちこちに見られました。

内容はここでお話するとネタバレになってしまいそうなので、やめておきますが、前半は突然現れたサイボーグとの生活にとまどう大学生とのやりとりが面白く、かつせつなく、後半は大地震など私には正直観るのがつらい場面もあり、全体を通じてタイムマシーンによる時間を超えた物語になっているので、見終わってからストーリーを理解するのにすこし時間がかかりました。

 *****

補足ですが、神戸では結構いろんな映画やドラマの撮影が行われていて、これまでにロケ地になった場所について、神戸フィルムオフィスによる「神戸ロケ地ガイド」が出来たそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-26 23:17 | refreshのために | Trackback | Comments(0)

今日の晩御飯

久しぶりに夕飯の写真をUPします。
b0075888_9262490.jpg

焼き鮭、鰹のタタキ、冷奴、わかめときゅうりの酢の物、茹でた若芽にだし醤油をかけたもの、しじみのお味噌汁、もちきび&にがり入りの胚芽米・・・という、トラディショナルな日本の献立になりました。

ちなみに、ポンすけは、この中から鮭とタタキ、冷奴、お味噌汁、梅干のごはん、もずく酢を食べました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-25 22:25 | きょうの料理 | Trackback | Comments(6)

ポンすけ、初めての美容院

いつもお世話になっている美容院の担当の方と、小さな子供のヘアカットについて話をしていたところ、
「1歳半くらいならカットしてあげるので、一緒に連れてきたらいいですよ」と言われたので、一緒に連れていくことにしました。
(ポンすけは、まだ1歳4ヶ月半ですが・・・)

ポンすけはあまり髪が多くないので、今までに2回、私が前髪を揃えてあげたことはありますが、本格的なカットはもちろん今回が初めてです。

・・・といっても、後ろの髪はこれから夏に向けて、くくったりしたいのでさわらず、前髪だけを揃えてもらうことにしました。

はじめ、雄サンがポンすけを抱いて座ったのですが、タオルやエプロンをつけるのを嫌がったので、結局、雄サンがポンすけを抱っこしたまま、美容師さんがポンすけの周囲をぐるぐるまわりながら、15分ほどでカットしてもらいました。

やはり、私がカットするよりも自然な感じの仕上がりで、ポンすけの分のカット代(1,050円)は私がお客様を紹介したということで、サービスしてもらい、大満足でした。

雨の日の午前中ということもあって、他のお客様は少なめで、他のスタッフの方もポンすけと遊んでくれたり、子どもや育児の話などをして、楽しく過ごせました。

最初は緊張していたポンすけでしたが、私がカットを終えて一緒にお店を出る頃には、スタッフの方たちと、いつもの保育園でのおきまりの動作、手と手を“たっち”して“バイバーイ”をして、帰りました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-24 23:18 | 家族 | Trackback | Comments(2)

ふわふわのドーナッツ その2

先週、職場の近くで自転車に乗せて販売されていた、「panya frog frog」さんのドーナッツ。
あまりにもふわふわで美味しくて、手づくりな感じが伝わってきて、ほぼ全種類の10個も予約してしまいました。

お昼休みに取りにいったら、私宛てのカードまで添えて、用意しておいてくれました。
b0075888_1627147.jpg

しかも、たくさん買ったので、好きなドーナッツをさらに1つオマケしてくれました。

お昼にふたつ食べてしまい、1つは同僚にあげちゃいましたが、残りは雄サンやポンすけと一緒にいただくつもりです。
とても楽しみです。
b0075888_9132496.jpg

(少し時間が経ってから撮ったので、少し形が崩れています。)
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-23 22:12 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

今年も開催 「100万人のキャンドルナイト」 in 東灘

でんきを消して、スローな夜を。
b0075888_13555695.jpg

毎年夏至と冬至の頃に、何度かご紹介してきた「100万人のキャンドルナイト」、
私も運営メンバーの一人になっている、神戸市東灘区内での「100万人のキャンドルナイト」イベントを、去年に引き続き、今年も開催します。

「100万人のキャンドルナイト」 in 東灘

■日時 : 2008年6月29日(日) 13:00~20:00
(1) エコマルシェ 13:00~17:00
 キーワードは、「エコ」、「ロハス」、「スローライフ」。
 これらをテーマにしたお店やワークショップを開催します。
 どんなお店が登場するのか、お楽しみに♪

(2) キャンドル点灯 18:00~20:00
 昨年は岡本商店街でしたが、今年は海に面した広いサンシャインガーデンでのキャンドルナイトです。
 主催者である私達の“想い”を数百本の竹筒に入れたキャンドルの文字に託して表現します。
 どんな文字が浮かび上がるのでしょうか?
 お楽しみに!

■場所 : サンシャインワーフ神戸 サンシャインガーデン(1階の広場です。)
 〒658-0027 神戸市東灘区青木1-2-34
 (アクセスはこちら。駐車場もございます。)
 ※雨天時もテント内にて開催いたします。

■主催 : 「100万人のキャンドルナイト in 東灘」 実行委員会
 ~神戸市東灘区役所 平成20年度「コミコミ活動助成」認定事業~

 *****

昨年の夏至・冬至は神戸・岡本で開催しましたが、今年は東灘区役所の「コミコミ活動助成」を受けて、エリアを東灘区に広げて開催します。

また、昨年の夏至では、空きビンと廃油を利用した手づくりのエコキャンドルを使いましたが、今年のキャンドルは、なんと小豆島から運ばれてきた竹の筒を使います。
(竹炭工房 宝箱さんのご協力を頂きました。)

キャンドルナイトが終わった後は、この竹筒の一部は竹炭に加工されて、再利用されます。

さらに残りの竹筒は、地元の魚崎町協議会が毎年開催している来年の「1.17」の阪神大震災の追悼イベントで使っていただけることが決まりました。

これだけでも循環してるなぁ、と嬉しくなってしまいます。

また、当日、キャンドルに灯す火は、原爆の残り火である「平和の火」を使わせていただくことになりました。
私たちも、これからの未来への希望と平和への祈りもこめて、厳粛な気持ちで火を灯したいと考えています。

 *****

現在、このイベントの趣旨に賛同していただいた「エコマルシェ」への出店者および、当日キャンドル500個近くを並べるのをお手伝いしていただくなどのイベントの運営をお手伝いしていただけるボランティアスタッフを募集しています。

詳細や応募については、事務局までお問い合わせ・ご連絡ださい。
サイトの左上の「E-mail」からEメールにてお願いいたします。)
b0075888_13212093.gif
b0075888_1752581.gif
[PR]
by monsteracafe | 2008-05-23 18:10 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)