「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧

秋らしい、ゴディバのチョコレート

職場の方から、秋らしいチョコレートをお土産にいただきました。

「GODIVA(ゴディバ)」の「chocoiste(ショコイスト)」のミルクチョコレートマカダミアです。
b0075888_9414013.jpg

私の大好きなマカデミアナッツが、ペースト状になってチョコレートに包まれていました。
もう少しナッツの粒々感が残っているとベスト!だったのですが、美味しかったです。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-30 22:52 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

ワインに続いて、今度はビール!

ワインに続いて、アサヒビールさんから、ビールのサンプルをいただきました。
ビールといっても、正式にはビールではなくて、「麦」の新ジャンル、リキュール(発泡性)と表記されているもの。
クリアアサヒ」というのが商品名です。

「新ジャンル」には、2種類あって、麦を使ったものと、大豆などを使っているもの(その他の醸造酒)とがあるそうです。
ここ数年で、ビール、発泡酒、第3のビール、その他色々出てきて、ちょっぴりややこしいです。

さて、「クリアアサヒ」は、麦を使うことにこだわり、「うまみだけ。雑味なし。」という新しいおいしさを追求した新商品だそう。
原材料は厳選した麦芽だけを使い、原材料としての糖類は加えていないそうです。

パッケージも、そうした特徴がストレートに伝わるデザインになっています。(写真中央)
b0075888_152322.jpg

澄み切った明るいゴールドの液に、あふれる白い泡、いかにも美味しそう。

夕飯のおかずの他に、父が拾ってきて処理してくれた銀杏と、ご近所さんからいただいた生ダコをさっと茹がいたお刺身をつまみにいただきました。
b0075888_1521517.jpg

苦味や雑味が少なく、後味がスッキリとしていて、飲みやすいと思いました。
どちらかといえばライトな飲み口の飲み物だと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-28 23:01 | きょうの料理 | Trackback | Comments(4)

ポンすけのお兄ちゃん!?

夕方、3人で買い物に出かけようとしたところ、マンションの入口でお友達親子に遭遇しました。

小学校1年生になる息子さんが、「ポンすけちゃん、どこ行くん?」と聞いてきたので、「○○(スーパー)までお買い物に行くんよ」と言うと、「ボクも行く~!」と言って、お母さんと離れて私たちと一緒にお買い物につきあってくれることになりました。

よく一緒に遊んでもらっているお兄ちゃんなので、ポンすけはお兄ちゃんと一緒に、普段なら歩きそうもない距離を追いかけっこなどをしながら、目指すスーパーまで歩きました。

スーパーに着いてからも、一緒にカートを押したり、野菜や魚を見たり、選んだ品物をリレーしながらカゴやカートに入れたり、と、多分、何も知らない人が見たら、兄妹のように見えただろうと思います。

雄サンと私も、急に4人家族になったようで、兄弟が増えると、こんな風な毎日になるんだなぁ、と疑似体験できたりして、楽しい一時を過ごしました。

帰り道は、公園に寄って、滑り台などをして遊んでから、お友達のおうちに息子さんを送って帰りました。

ポンすけも楽しかったのか、うちへ帰ってからも「○○くん」「シューした!」(=お兄ちゃんと一緒に滑り台をして遊んだ!)と、話してくれました。

 *****

マンションや保育園、サークルのお友達など、ポンすけにはかなりたくさんのお兄ちゃん・お姉ちゃんがいます。

普段は親子3人で暮らしているので、年齢の違うお友達と一緒に過ごすことは、ポンすけにとってもすごく大切な経験ではないかと思っています。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-28 22:49 | 家族 | Trackback | Comments(0)

王子動物園へおでかけ

土曜日ですが、今日は私は出勤日でした。

少し肌寒いくらいの良い天気だったので、雄サンとポンすけは、王子動物園に行くことにしたそうです。
朝、出勤する前に、2人分のおにぎりを握り、最近彼女がお気に入りの梨をむいて、お弁当にして持たせました。
b0075888_10122462.jpg

偶然にも、動物園で、保育園で同じクラスの仲良しのお友達に会って声をかけられて、ポンすけはビックリしていたそうです。

雄サンから聞いた話によると、王子動物園には意外とたくさんの種類の動物がいたそうですが、午後にでかけたので、寝ていたり奥へ引っ込んでしまっている動物たちが多かったそう。
b0075888_10145574.jpg

朝から楽しみにしていた「ゾウさん」を真剣に見た以外は、
b0075888_10124144.jpg

どこにでもありそうな階段の昇り降りや、
b0075888_1016252.jpg

コインを入れて一定時間動く、アンパンマンなどの乗り物の方が気に入っていたらしい(?)ポンすけだったそうです。
b0075888_10143992.jpg

動物園、私も一緒に行きたかったなぁ。

 *****

私が帰る頃、自宅の最寄り駅まで、2人でお迎えに来てくれていました。

雄サンが育児休業していた頃には、よく駅までお迎えに来てくれていて、2人の顔を見ると仕事の疲れがふっとんだことを懐かしく思い出しました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-27 22:11 | 家族 | Trackback | Comments(0)

最近のポンすけ(1歳8ヶ月)

2週間前に1歳8ヶ月になった、ポンすけ。
相変わらず、毎日、何かができるようになるので、雄サンや保育園の先生方と彼女の言動に注目しています。

■保育園の先生の名前やお友達の名前が一部、言えるようになった。

「今日は誰と遊んだん?」とか、「今日は誰とケンカしちゃったの?」「誰がエーンしてた?」「ポンすけの仲のいいお友達は誰?」といった質問をすると、機嫌が良ければ「○○シェンセー!」「○○ちゃん!」「○○たん!」と答えてくれるようになりました。
うまく質問すれば、今日は何をしていたのか、多少は分かるようになりました。

■街のあちこちに書いてある「1」や「2」という字を見て、「いち!」「に!」と言えるようになった。
(マンションの階数表示やエレベーターのボタンの数字に特に反応します。)

■街中で車を見ても、「ブーブー」だけでなく、「バチュ(=バス)!」「トラック!」と多少の区別ができるようになった。

■動物や果物が出てくる絵本のイラストを見ながら、全部の名前が言えるようになった。

■カメラを向けて「ハイ、チーズ!(orポーズ!)」と言うと、いつもこの仕草をするようになった。
b0075888_11374554.jpg

■食事のときなど、「これ、○○ちゃんの!」「パパの!」「ママ、ないねぇ!」・・・と、いちいち全員分のお皿を確認し、足りないものを指摘。
(ひどいときには自ら台所へ取りに行く始末。)
洗い物が増えるのが嫌なのですが、最近は食卓には必ず全員分のお皿やカトラリーを並べるようにしています。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-26 23:30 | 家族 | Trackback | Comments(2)

バリ風チキンカレー

久しぶりに美味しいレトルトカレーを見つけました。

カルディコーヒーファーム」で販売している、「バリ風チキンカレー」です。
b0075888_923672.jpg

レトルトカレーですが、お店で食べるような、本格的な味です。
具も、刻んで炒めた玉ねぎなどの野菜、ゴロゴロっとしたチキンがたっぷりと入っています。
b0075888_94580.jpg

この商品には、他にも種類があって、タイカレー3種(グリーン、レッド、イエロー)や、インドカレー4種、ジャワカレー、マレーシアカレーなど、アジア各地のご当地カレーなどが楽しめます。
お店で試食をさせてもらって、一番これが我が家の口に合いました。

レトルトカレーにしてはいいお値段かもしれませんが、外食したと考えれば納得できるお値段なので、我が家では何箱かストックしています。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-25 23:00 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

指定ゴミ袋制の導入

私が住んでいる神戸市では、今年の11月から、家庭から出るゴミを出すときは、指定のゴミ袋を購入してその中に入れて出さなければならなくなることが決まっています。

しかしながら、「何のためにゴミ袋を指定袋にするのか」、「なぜスーパーの袋ではダメなのか」、といった点について、
(1)排出ゴミ減量のための市民の分別意識の向上、
(2)ゴミ置場の美観向上、
(3)事業系ゴミの混入防止、
(4)収集作業員の安全性確保
といった理由が一応示されていますが、まだまだ神戸市当局からの説明が不足しているように感じます。

実際に、ネットで検索しても、(制度導入に係るパブリックコメントに対する説明資料はあるものの)明確に説明がなされているホームページは見つけられないし、先日私が住むマンションの集会室で開催した神戸市の担当職員による説明会でも、必ずしも納得のいく十分な説明はなされませんでした。

ちなみに、今回の家庭系ゴミの指定袋制導入は、指定袋の代金にはゴミ処理費用等が含まれていないので、厳密には「ゴミ回収の有料化」ではないのだそう。
そのため、今までゴミ袋として使用されてきた水色や黒色のビニール袋とそれほど変わらない値段で指定袋を購入できるのだそうです。
(一方、店舗や事業所などから出る事業系ゴミについては、既にゴミ処理費用等が加算された指定袋を使用しなければならないことになっており、ゴミ回収有料化が実施されています。)

 *****

雄サンと話していて気づいたのですが、“なんだかおかしいなぁ”と感じる原因の1つに、スーパーのレジ袋に関する神戸市内の現状との乖離が大きいからではないか、と気づきました。

レジ袋は、石油資源を使用し、ゴミとして焼却すると二酸化炭素を排出するものであることから、不要な使用は抑制されるべきものですが、神戸市内では、スーパーやコンビニのレジ袋がまだまだ有料化されておらず、買い物をすれば無料でレジ袋がもらえてしまうのが現状です。

今まで無料でもらっていたスーパーのレジ袋を使ってゴミを捨てていた家庭は多いと思います。(台所から出るゴミだけですが、マンションのディスポーザーまで持っていくために、我が家も使っています。)
この習慣をいきなり指定ゴミ袋を購入してまで改めなければならないのは、相当負担に感じると思われます。

まずは、資源節約、ごみ減量化、ひいては二酸化炭素排出量の削減のため、スーパーやコンビニなどで、レジ袋は無料では一切もらえない、有料でレジ袋を買わなければならないような環境にしてから、レジ袋でゴミを出すことを禁止するのが順序だったのではないかと、個人的には思うわけです。

そのうえ、今までに貯めこんだ(?)レジ袋はどうすればいいんだ、これもゴミになるじゃないか、といったことも考えられます。

我が家にもやはりレジ袋がある程度ストックされていますが、先日図書館で借りた本の中に、レジ袋を裂いて、草履をつくるアイデアが紹介されていました。
(お風呂掃除やベランダ掃除のときに使うと便利だそうです。)
同じように、レジ袋を裂いて、編んでバッグやかごのようにするとか、そうしたリサイクルくらいしか私には思いつきませんが、貯めたレジ袋を新たなゴミにしたくないなぁと思う、今日この頃です。
b0075888_15122277.jpg

(写真は、ハギレを編んで作った布草履です。)
b0075888_9202573.jpg
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-24 23:01 | まちの風景 | Trackback | Comments(4)

お墓参りに行ってきました

今日はお彼岸。
雄サンの実家のお墓参りに行ってきました。

道が混んでいて、到着するまで時間がかかりましたが、ポンすけは車内でよくガマンしてくれました。

とても暑い日でしたが、汗をかきながら、ポンすけは水を入れるバケツを運んだり、
b0075888_9491958.jpg

お墓まわりの草むしりや掃除をしたり、
b0075888_9493330.jpg

お水をかけたりして、あれこれとお手伝いをしてくれました。

お参りした後は、近くにあった公園で遊びました。
b0075888_9494563.jpg

滑り台がお気に入りで、雄サンと一緒に5回も滑りました。
b0075888_950012.jpg

展望台にも登って、上から手を振ってくれました。

義父母と一緒に食事をしてから、雄サンの実家へ行き、夜まで一緒に過ごしました。
数ヶ月に一度くらいしか会えないおじいちゃんとおばあちゃんですが、ポンすけもすっかり慣れて、どちらの顔も覚えたようです。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-23 22:47 | 家族 | Trackback | Comments(0)

特別な日のための、チーズケーキ

時機を逸してしまいましたが、先日、そごう神戸店でリカちゃん展の側で、雑誌「サヴィ」で紹介された阪神間のおいしいお店を集めた催しがあり、母が「patisserie au temple du gout(パティスリー・オ・タンプル・デュ・グゥ)」の「タルトフロマージュ(ゴルゴンゾーラ)」を買ってくれました。

ケーキは、オシャレな紙袋の中の丸くて薄い木箱の中に入っています。
b0075888_17583754.jpg

1台1,800円と、なかなかいいお値段なのですが、チーズそのものを食べているような濃厚な味なのに、不思議と食べても飽きない美味しさ。
ワインにも合いそうな、大人のチーズケーキでした。
b0075888_15103132.jpg

点々と見えるのが、ゴルゴンゾーラチーズ特有の青カビです。
プレーンタイプも試食させてもらいましたが、ゴルゴンゾーラの方が、程よい個性が感じられて、私は好きでした。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-22 22:44 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

自宅で愉しむ、赤ワイン。

モニターに選ばれて、サッポロさんのワイン、「ラ・キュベ・ミティーク」(赤)のフルボトルをいただきました。
b0075888_9321282.jpg

梟(ふくろう)のマークやオレンジのラベルがオシャレなボトルデザインです。
b0075888_9325297.jpg

私も雄サンもあまりワインには詳しくないので、プロの方(ソムリエの若林栄司さん)のお言葉によると、
やや濃い目の美しいガーネット色。
香りもリッチで、熟したカシスやプラム、そして奥に広がるスパイスとドライハーブが心地よい。
豊かな果実味、奥行きのある酸味、しなやかなタンニンとコク、余韻も長い。
バランスよく素晴らしい出来栄えのワインです。
・・・とのこと。

確かに、プラムのような風味、程よい渋みやコクを感じる、これから秋冬を迎える季節にピッタリな赤ワインだと思いました。

で、お料理好きな私としては、折角なので、このワインに合うものを作りたいところ。
ワインについていた栗原心平さんのレシピを参考に、少し材料などをアレンジして作ってみました。

葱とブリのこってり煮、です。
b0075888_9331259.jpg

ル・クルーゼのお鍋にグレープシードオイル少々を入れ、葱、エリンギ、ブリを並べて焼き付けます。
途中で、料理酒、調味液(砂糖大さじ2、みりん大さじ3、醤油大さじ3、バルサミコ酢大さじ1)を回しかけ、煮汁を煮詰めるようにして火を通します。

出来上がったお料理は、魚料理にしては、少し濃厚な味。
これが、しっかりとした主張が感じられる美味しい赤ワインと、ピッタリでした。

※追記
私たちがワインを飲むのを見て、自分も飲みたがったポンすけ。
たまたま冷蔵庫にあった、ブドウジュースをコップに入れて飲ませてあげましたが、小さな子どもの目の前でワインを飲むときには、子ども用にも何か飲み物を用意しておいた方がいいと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2008-09-21 23:13 | きょうの料理 | Trackback(1) | Comments(20)