<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ちょっぴり豪華な卵かけご飯

先日、実家で母から教えてもらったメニューです。

薬味たっぷりで、食べ応えもある、ちょっぴり豪華な卵かけご飯です。
b0075888_183338100.jpg

ご飯にはしょうゆを軽く回しかけておきます。

もみのり、刻んだ薬味5種(青紫蘇、みょうが、ねぎ、しょうが、貝割れ大根)をたっぷりとのせ、中央にくぼみを作って、生卵を落とします。
全部を混ぜながら、いただきます。

この刻んだ薬味は、冷奴にのせても美味しいです。
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-29 06:32 | きょうの料理 | Trackback | Comments(4)

「illy」のボトル缶が新発売

イタリアのエスプレッソブランドとして、75年以上の伝統を誇るコーヒーブランド「illy (イリー)」の豆と技術を使用した広口ボトル缶「illy issimo(イリー イッシモ)ラテ マキアート」と「イリー イッシモ カフェ」が6月22日(月)から東京で先行発売されています。

パッケージも、海外で展開されている「illy issimo(イリー イッシモ)」のデザインをベースに、スタイリッシュに仕上がっています。

「ブログタイムズ」さんのご紹介で、商品を試飲させていただきました。
よく、カフェやレストランで「illy」のコーヒーを飲んでいて大好きなブランドだったので、関西に住んでいて「illy」の新商品を飲むことができるのは嬉しい限りです。

送られてきた商品がこちら。
b0075888_844625.jpg

パッケージデザインからして、凝っています。(このまま、箱も何かに再利用したくなるほどです。)
b0075888_844454.jpg

一緒についていたソーサーは、ウェイターがトレイに載せているイメージ写真でも使われているお皿のようです。
このお皿も、キャンドルホルダーや、別のガラスカップなどと組み合わせてソーサーとして使えそうです。
b0075888_8451474.jpg

写真は、「イリー イッシモ ラテ マキアート」です。
程よい甘さとコクのある味わいで、コーヒーやエスプレッソがニガテな方も飲みやすいのではないかと思います。

私はエスプレッソやコーヒーをブラックで飲むのも好きなので、ミルクの入っていない「イリー イッシモ カフェ」の深い味わいが気に入りました。
広口ボトル缶を採用したことで、持ち運びに便利なだけでなく、香りを楽しむことができます。

私は1本は自宅で朝に、もう1本は会社へ持っていき、職場でいただきました。
ちょっとした“自分へのご褒美”的な1品です。

興味深いのは、この商品が、ザ コカ・コーラ カンパニーとイリーカフェが提携して生まれた(2007年10月15日、ザ コカ.コーラカンパニーは、プレミアムRTDコーヒー分野に特化したグローバルな合弁事業を設立する内容の覚書に署名したことを発表)ということ。

ちなみに、ブランド名の「issimo(イッシモ)」とは、イタリア語で「最高に」「最上に」という意味なのだそうです。
[PR by ブログタイムズ]
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-28 03:40 | refreshのために | Trackback | Comments(0)

ポンすけ、5回目の美容院

ポンすけの前髪が伸びてきたので、前回の春以来、久しぶりに美容院へ行くことにしました。

最近は、自分の髪よりも、ポンすけの髪が伸びたのを見て、母娘2人分の予約を美容院に入れることが多いです。

今回も、まずは私がシャンプー&カットをしてもらいました。
その間、ポンすけは雄サンや他の美容師さんたち(ほとんど男性スタッフ)に遊んでもらい、すこぶるご機嫌でした。
(カットしている最中にも、他の美容師さんが「ポンすけちゃん、とってもご機嫌ですよ!」と、状況報告をしてくれるのが可笑しかったです。)

ポンすけいわく「髪の毛のお兄さん」が、大好きなピンク色の櫛を使っていたのが気に入ったようで、私のカットが終わったあと、「ママが終わったから、次は○○ちゃんの番!」と言って、ニコニコしながら椅子(に腰掛けた私の膝の上)に座りました。
b0075888_475390.jpg

母娘一緒にフードをかけてもらい、いざカット。

今回も後ろの髪を切るかどうか迷いましたが、やはり美容師さんの「ポンすけちゃんは暑がりだから、夏が終わるまでは括れるようにしておいて、秋になったら、ママと同じボブにしたらどうかなぁ」という意見を参考にして、今回も鋏を入れないことにしました。

ポンすけの後ろの髪はまだ一度もカットしたことのない、生まれてからずっとのばしている髪。
今年の秋には、かなりの長さを切ることになりそうです。
季節が変わる頃、違った髪型のポンすけを見るのが楽しみです。

「○○ちゃんはお姉ちゃんだから!」と、今日もおとなしく髪を切ってもらい、終わった後は、すべてのスタッフの方に「バイバ~イ!」と手を振り、「ありがとうございました!」と大きな声で元気にご挨拶をして帰ったポンすけでした。
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-27 23:02 | 家族 | Trackback | Comments(0)

お茶碗で出来るサンドパン

先日、スーパーの実演販売で教えてもらった裏ワザです。

お椀やお茶碗を使えば、山崎製パンの「ランチパック」のようなサンドパンが手軽に作れてしまうのです。

スーパーのおススメはPascoの「超熟」(8枚スライス)
b0075888_8355774.jpg

食パン2枚を電子レンジで約20秒加熱し、パンをしっとりさせてから、中央に具材をのせて挟みます。
b0075888_836274.jpg

上からお椀をギュッと押しつけ、外側の耳の部分を切り取るようにひねります。
b0075888_84236.jpg

まるい形のサンドパンのできあがりです。
b0075888_8375450.jpg

具は、ゆで卵&マヨネーズ、ツナ&マヨネーズ、苺ジャム、ピーナッツバターなど、サンドイッチの具になるものならなんでも合うのではないかと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-26 06:28 | きょうの料理 | Trackback | Comments(2)

ポンすけのつぶやき

昨夜、ポンすけの顔を見つめながら、彼女の話を聞いていたら。

「・・・あっ! ママのお目目に○○ちゃんが映ってる!!」

と、私の瞳を覗き込んで、不思議そうにしていました。

「○○ちゃんのお目目にもママが映ってるよ。」と教えてあげると、
「えー!?そうなのー!?」と不思議そうにしていました。

色々なことをよく見ているんだなぁと、改めて感じた出来事でした。
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-25 22:27 | 家族 | Trackback | Comments(2)

ヒマラヤの天然塩

先日、母からお土産としてもらった、ヒマラヤの天然塩。
なにかの鉱石のような大きなピンク色の結晶の形をしています。
b0075888_2523546.jpg

その都度削って使うのがいいのでしょうが、忙しい日々を送っているので、時間があるときに、ある程度まとめて削って、空き瓶に入れて、お料理の味付けや、塩を添えていただくときなどに使っています。

いくつか試してみましたが、写真のようなチーズ用のおろし器を使うのがよいようです。
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-25 02:55 | きょうの料理 | Trackback | Comments(2)

今日の晩御飯

今日は仕事の打ち合わせ後、直帰できたので、久しぶりに、かついつもよりも早く保育園にお迎えに行くことができました。
(・・・といっても、保育園に到着したのは、18時半ですが・・・)

久しぶりにちゃんと夕飯を作ることができました。
ポンすけが台所へ来て、踏み台の上に乗って料理しているのを横で見ていたり、抱っこしてほしがったり、それをなだめつつ、箸やお皿を並べてもらったりしながら作りました。
b0075888_246185.jpg

えびとトマトの卵炒め、白菜と大根と鮭の水煮缶をおだしで煮てポン酢をかけたもの、油揚げと三つ葉のお味噌汁、ごはんです。

最近、私の真似をしたがるポンすけは、子供用のお箸を使って、よく食べていました。
お箸の話はまた後日、お伝えしたいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-24 23:41 | きょうの料理 | Trackback | Comments(2)

秋色アジサイ

先日、花屋さんで見つけた、珍しい色の紫陽花。
ほんのりとしたグリーン色の花を咲かせています。
b0075888_820329.jpg

店員さんに聞くと、今年開発された新種の紫陽花だそうです。

大切に育てようと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-23 06:19 | わがや | Trackback | Comments(0)

ポンすけの水中メガネ

ポンすけが生後5ヶ月のときから家族3人で通っている「ベビースイミング」。

基本的に週1回・50分間のレッスンですが、ポンすけの体調が悪いときや家族の予定があったりするときはお休みするので、毎回めざましい進歩があるわけではありません。

担当している先生は4人くらいいらっしゃるので、違う先生がポンすけの様子を見ると、新しい課題にチャレンジさせてくれたり、親である私たちにアドバイスをくれたりします。

昨日のレッスンでは、久しぶりに会った先生が、「○○ちゃん、一緒に潜ってくれるかな?」と娘を誘ってくれたので、思い切って、ポンすけを一緒に潜らせてみることにしました。

今までも、口を水につけてブクブクする練習をしたり、滑り台やプールサイドからのジャンプなどでは水の中に“ドボン!”と飛び込めていたので、水の中で息を止めるクセが少しずつついてきているのかな、と思っていました。

先生と一緒に、「お口をムッ!」と、息を止めるポンすけ。
私が彼女の両脇のあたりを持ち、「...あっぷっぷ!」で、先生と一緒に水の中に頭まで潜らせてみました。

水からあげると、ちょっぴり驚いていたようでしたが、水を飲んだ様子もなく、先生と一緒に「ピース!」サインをして笑っていました。

先生が、「そうだ!○○ちゃんも、メガネ、かけてみる?これをかければ水の中でもよく見えるのよ」と、スイミング教室の子供用の水中メガネを貸してくれました。
しかも、ポンすけの大好きなピンク色の水中メガネです。

私も水中メガネをお借りしたところ、ポンすけは「せんせいと一緒!」「ママと一緒!」と、大喜びで水中メガネを頭にのせ、水に入ろうとするたびに自分でメガネを装着していました。
(いつも少しズレているので、そのたびに先生や私が直してあげました。)

すっかりお姉さんの気分でやる気モード全開のポンすけは、その後もヘルパー(浮き輪)をつけて一人でバタ足で泳いだりしていました。

そんなにやる気になれるのなら、と、スイミングの帰りに売店で子供用の水中メガネを買ってあげました。
(もちろん、色は“どピンク”です。)
b0075888_89306.jpg

よほど嬉しかったのか、ずっと水中メガネを持ち歩いていたポンすけでした。

子どもって、ちょっとしたことがきっかけで、頑張れたり、やる気が出たりするものですね。
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-22 23:08 | 家族 | Trackback | Comments(0)

「100万人のキャンドルナイト in 東灘」を開催しました

おかげさまで、「100万人のキャンドルナイト in 東灘」、今年の夏至のイベントも無事に開催することができました。

少し心配していたお天気もイベント終了まではもち、スタッフが帰宅した夜から雨が降り始めました。
こうしてブログを更新している今も、雨の音が聴こえています。

今回は、ライブステージ、メッセージキャンドル、キャンドルの設置と点灯、という3つのメインイベントで構成した企画でしたが、いずれもたくさんの方に参加していただき、また新たに「100万人のキャンドルナイト」のことを知っていただけたのではないかと思います。

ライブステージやメッセージキャンドルについては、また後日ご紹介させていただきますが、まずは、キャンドルの設置と点灯風景をお伝えしたいと思います。

 *****

今年の夏至のテーマは、夜空の星や流れ星に願いを込めて、といったイメージで「天の川」「星」をモチーフにしました。
b0075888_2185256.jpg

真ん中の道は実際に通ることもでき、たくさんの人が点灯に参加したり、写真を撮ったりしていました。

私たちスタッフ6人に対して、区の広報紙やインターネットなどを通じて、ボランティアに集まってくれた人達は10人以上。
b0075888_2191752.jpg

毎回、イベントになると駆けつけてくれる、神戸キャンドルナイト実行委員会「ホウキ星」の若者たちや、今回は高校生・大学生などの若い方が多くイベントを手伝ってくれました。
私たち、働く母親の立場からしても、若い人達がボランティアとして積極的に動いたり、参加者の方たちと楽しそうに接してくれる姿を見るのは、とても嬉しいことでした。
b0075888_2195739.jpg

参加者のなかに、お子さんが多いキャンドルナイトというのも、私たちらしい、そして会場である「御影クラッセ」のお客様層とも一致したイベントではないかと思っています。
b0075888_2205749.jpg

保護者や大人と一緒に、お子さんにもキャンドルの設置や点灯に参加していただけます。

今回は、最近すっかり“ママっ子”になってしまったポンすけが、点灯前に会場に来てからというもの、ほとんど彼女の「抱っこ!」につきあわされてしまい、過去5回のイベント中、スタッフとしてもっとも何もできませんでした。
でも、おかげで彼女を抱っこしながら、色々な方とお話することができ、直接、自分の声で「キャンドルナイト」の意味やなぜこうした活動をしているのか、といったことを伝えることができました。

 *****

ライブの後半では、「御影クラッセ」の屋外の照明が少しだけライトダウンしましたが、お気づきになられたでしょうか?

100万人のキャンドルナイト」の合言葉は、「でんきを消して、スローな夜を。」。
b0075888_2211731.jpg

ぜひ、皆さんもご家庭で「キャンドルナイト」をやってみてください。

「100万人のキャンドルナイト」の公式ホームページでも案内されているように、夏至の前夜である6月20日から7月7日まで、全国各地で「キャンドルナイト」のイベントが開催されます。
環境省の「クールアース・デー 2009」や、NHKの「SAVE THE FUTURE」などテレビや新聞記事でも報道されたり、自分の住んでいる街や働いている街でもどこかでイベントが開催されているかもしれません。
また、この期間に限らず、おうちで気軽に始めてみることをおすすめします。

 *****

今回のイベントにご参加くださった方々をはじめ、昨年の夏至のイベントでご一緒して以来、交流が続いている「和らぎや」の前田さん(お仕事の帰りにまた寄っていただき、撤収や片付けまで手伝ってくださいました。)やkanikaniさん(イベントで買ったヘアゴム、ポンすけがいつも髪に結んでいます♪)、ブログをきっかけに知り合った同じ働くママで昨年の冬至に引き続き、遠方から駆けつけてくれたサンシャインさん(ジュエルちゃん、かわいかったです☆)、WMSや保育園の働くママ友達の皆さん・・・等々、お忙しい中、会場へ足を運んでくださいまして、ありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。
b0075888_2221027.gif
[PR]
by monsteracafe | 2009-06-21 02:31 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)