<   2010年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ポンすけとプールへ

今日は雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、ポンすけの通うスイミングの施設開放日だったので、久しぶりに(・・・といっても2ヶ月ぶりくらい??)ポンすけと2人でプールへ行くことにしました。
b0075888_8554613.jpg
お昼を食べてから、小雨の中、2人で傘をさして、歌を歌ったりしながらのんびり歩いていきました。

着替えてシャワーを浴びて、保育園で習った体操を一緒にしてから、大人用のプールに入りました。
今回も、ポンすけは背中にヘルパー(浮き)をつけただけで、持参した浮き輪などは使わず、2人で一緒に手をつないでバタ足をしながら顔を水につけたり息継ぎをしたりして25mを泳いだり、ヘルパーを外して2人で一緒に潜ってにらめっこをしたり、じゃんけんをしたり、ジャンプしたり・・・と、色々工夫して遊び、気がつけば2時間半以上プールで遊んでしまいました。

夕方、雄サンがたいちゃんと一緒にプールまでお迎えに来てくれました。

眠そうだったポンすけは、1時間ほどお昼寝をし、夕飯を食べて、お風呂に入り、いつもよりもほんの少しだけ早くお布団に入りました。
ポンすけが、「ママ、今日も楽しかったねぇ。」と話してくれました。
私も産後のいい運動になり、楽しい1日でした。
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-31 22:45 | 家族 | Trackback | Comments(0)

我が家らしい休日。

今日はポンすけのスイミングの後、家族4人で「ヴェントフレスカ」で遅めのランチをして、「TSUTAYA」でポンすけに何かDVDを借りようと思ったのですが借りたかったもの(「美女と野獣」)が貸し出し中だったので、ポンすけの希望でCDを借りることにしました。
大好きなプリキュア(高梨康治&TEAM MAX ハートキャッチプリキュア!オリジナル・サウンドトラック 1)と、「にほんごであそぼ」のCDを見つけて借りました。

それから予約していた私の本を借りに図書館へ。
ここでも久しぶりにポンすけの絵本(「ぴかくんめをまわす(こどものとも絵本)」など)を借りました。

最近岡本にオープンしたばかりの「タリーズコーヒー」で、ポンすけは苺のアイスクリームを、私達はホットコーヒーを飲んで一休みしました。
(我が家はスタバよりもタリーズの方が好きです。それに、タリーズのアイスクリームは美味しくってオススメです。)

お店を出たところで、お友達に会いました。やはりお子さん達の習い事の帰りで、図書館やTSUTAYAはよく利用するのだそう。

最後に食料品などのお買い物をして、夕方帰宅しました。
まだ赤ちゃんのたいちゃんは別として、お出かけ好きな我が家です(苦笑)

 *****

帰宅後も、ポンすけは昼寝もせず、プリキュアのCDをかけて、踊りまくっていました。
(オーディオの操作を教えてあげたので、自分の好きな曲を何度も選んでかけていました。)

それからもお絵かきをしたり、字の練習をしたり(今日はアルファベットを書いていました。)して、夕飯のお手伝いまでしてくれました。

早めの夕飯とお風呂の後、家族4人でお布団に入り、絵本を二冊読み、たいちゃんに授乳しながらポンすけと手をつないでいるうちに、20時半にはみんな寝てしまいました。

家族それぞれの寝顔や寝息が、なんだかすごく幸せに感じられました。

合間に家事をしたり、たいちゃんのお世話をしたりして、充実した1日でした。
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-30 22:15 | 家族 | Trackback | Comments(0)

ポンすけ、生まれて初めての遠足

ポンすけが通う保育園では、3歳児(年少)クラスから、遠足があります。
今日は、ポンすけ、生まれて初めての遠足です。

ずっと楽しみにしていたようで、昨日久しぶりに保育園にお迎えに行くと、同じクラスのお友達がたくさん寄ってきて、「明日は遠足やで!」「お弁当いるねんで!」と教えてくれました。

ポンすけも楽しみにしていて、前の日の晩の夜20時頃には珍しく自分から「もう寝る!」と言い出しました。
多分先生からお話をされたんだと思います。
・・・で、そんなにすんなり眠れるはずもなく(私も子どもの頃、楽しい行事の前の日は興奮して眠れない性質でしたから・・・)、布団でゴロゴロして、いつも通りの21時半過ぎにやっと寝てくれました。

 *****

・・・と思ったら、当日は朝5時半にムクリ!と起き上がり、「○○ちゃん、もう起きる!今から遠足に行く!!」と言い出し、そばでスヤスヤと気持ちよさそうに寝ていたたいちゃんまで起こしてしまい、2人の相手をしながらお弁当を作りました(苦笑)
b0075888_11583464.jpg
以前からポンすけに希望を聞いていたので、お弁当の中身は次のとおり。お弁当箱は以前、自分で選んで買ってもらったお気に入りです。

・ハムときゅうりのサンドウィッチ(急遽、苺ジャムロールサンドも追加)
・かぼちゃとレーズンのサラダ
・ソーセージ(+前日のおかずのから揚げも追加)
・にんじんのグラッセ
・おにぎり(塩むすびにハート型の海苔をつけたものをキティちゃんのラップにくるんで)

残ったおかずは朝食に食べながら、ポンすけも自分でにんじんのグラッセをお弁当に詰めたりして手伝って?くれました。

お弁当を保育園のリュックに入れ、水筒などの持ち物と一緒に持たせました。
ちゃんとお昼まで落としたり中身をこぼしたりしないか少し心配でしたが、既に何度かお弁当を持っておでかけし、食べる練習も済ませているので、多分大丈夫だろうと思いました。

行き先は、三田市にある「人と自然の博物館」。
3歳~5歳児クラスの3学年が合同で、保育園から大型バスで行くようです。
バスのエンジントラブルで出発が1時間遅れ、保育園に帰ってきたのも16時頃だったそうですが、疲れているだろうと早めにお迎えに行くと、またまた同じクラスの子どもたちが、
「怪獣おったで!」「えー、怪獣じゃなくて、恐竜じゃないの?」「そうそう、恐竜、おった!」「僕、ティラノサウルス見てきたで!」「お弁当も食べてきたで!」・・・と色々教えてくれました。
ポンすけに尋ねると、疲れてしまったようで、あまり教えてくれませんでしたが、うちへ帰ってお弁当箱を見たら、きれいに完食してくれていて、とても嬉しく思いました。
(3個持っていったおむすびは2個残して帰ってきましたが、うちに帰って「おやつなの」と言って食べていました。)

お昼寝はバスの中で少し寝ただけだったようで、夕飯を食べた後、お風呂に入る前に眠ってしまったポンすけでした。
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-29 23:51 | 保育園のこと | Trackback | Comments(0)

佐々木正美 「かわいがり子育て」

先日、児童精神化医の佐々木正美先生の記事を読み、また佐々木先生の子育てに関する本を読みたくなり、「かわいがり子育て―3歳までは思いっきり甘えさせなさい」を読んでみました。
b0075888_1212072.jpg
冒頭から、こんな文章が。

生まれたばかりの赤ちゃんは、お父さんやお母さんに、たくさん愛されることで幸せになります。でも5~6ヶ月を過ぎると、「お父さんもお母さんも幸せになってください」と願うようになるのです。

(子どもは)かわいがられて、うれしい!
(親は)かわいがって、うれしい!
(子どもも親も幸せになる子育てとは、)「喜び」というプレゼントを、親子でたくさん交換する子育てです。

 *****

この本の中で、著者が何度も説いていたのが、子どもの「こうしたい」という願いに応える「甘やかす」「過保護」はけっこう。
子どもが望んでいることに応えて、しかも望んでいることをやってあげ過ぎる・・・なんて立派なお母さんは滅多にいないはず。
(子どもが望んでもいないことをやり過ぎるお母さんは結構いて、それを「過干渉」というのだと。)

子どもは“守られている”という深い安心感と共に成長し、人間の心の土台になっていくそうです。
親から愛されていることを確認しながら、しだいに「自分は大切な存在なんだ」「生きていっていいんだ」という気持ちを育んでいったり、自分の気持ちを大切にされて育った子は、他人の気持ちも大切にできる子に育つのだそうです。

 *****

頑張り過ぎないことも大切だそうです。
完璧を目指して緊張しているお母さんよりも、ゆったりとした気持ちで子どもと向かい合い、自分のことを「まぁまぁ合格点かな?」と思っているお母さんのほうが、子どもを見ていて「すごいなぁ」と感動したり、「面白いなぁ」と笑うことがずっと増えるようになるとのこと。

また、子どもに対して、「ごめんね」とマイナスの気持ちを込めて言うよりも、「ありがとう」とプラスの気持ちを伝える方が、子どもは嬉しい。
「ごめんなさい」の子育ては、自分を責める子育て。「ありがとう」の子育ては、自分を責めない子育て。

この本には、こうした大きな考え方のもと、具体的にこういうシーンではどう接したらいい?というあれこれ(例えば、小さなことでも褒める、待つ、抱きしめる、など)を分かりやすくイラスト入りで書かれているので、とても読みやすかったです。
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-26 09:39 | 家族 | Trackback | Comments(4)

「ハートキャッチプリキュア!ショー」

夕方からは、「サンシャインワーフ神戸」に「ハートキャッチプリキュア!ショー」を見に行きました。

我が家はこうしたTVアニメのショーを見るのは初めて。
雨が降ってきたので、屋根のある場所で開催されました。開始10分前に行ったら、既にステージの前に席取りをしているご家族でいっぱい。プリキュアの人気の高さを実感しました。
b0075888_9383050.jpg
キャラクター4人が登場し、お掃除の大切さを子どもたちに伝えるストーリーでした。
b0075888_9383872.jpg
ちゃんと敵も登場し、戦うシーンもありました。
どうやら、30分程度のストーリー、最後の歌とダンスがパッケージ化されていて、どこでも出張して公演できる仕組みになっているようです(笑)
b0075888_9385086.jpg
ショーの後に、写真撮影タイムがあるのもお決まりのようで、すごい行列になっていました。
ショーが見れたポンすけは満足したようで、近くでキャラクターを少し見たら、おうちへ帰りました。
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-24 23:34 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

ポンすけと美容院へ

ポンすけの前髪が伸び過ぎ、長く伸ばしている後ろの髪の毛先も痛んできたので、久しぶりに美容院へ連れて行くことにしました。(たいちゃんは実家の両親にみてもらうことにしました。)
長年私が通っているお兄さんにポンすけもカットしてもらっています。

今日は最初こそ私の上で抱っこされてカットしてもらっていましたが、初めて一人で椅子に座り、カットしてもらうことができました。
b0075888_9483538.jpg
お兄さんにも、「大人のお姉さんみたいだねぇ。ずいぶんカットしやすくなったよ」と褒めてもらい、嬉しそうでした。
b0075888_9464046.jpg
・・・が、やはり長くはもたず、途中からはお兄さんの櫛で私や雄サンの頭を梳いて、美容師さんごっこをしたりして気をそらせている間に切ってもらいました。
b0075888_9464622.jpg
仕上げにブローまでしてもらい、“お姉さん扱い”をしてもらって喜んでいました。
b0075888_9465254.jpg
長い時間じっと座っていて(?)頑張ったご褒美に、三宮駅前の「ハーゲンダッツ」で苺のアイスクリームを食べました。
(ミニサイズの好きなアイス、クッキー、チョコケーキ、生クリームのトッピングにコーヒーがついて500円の「アフタヌーンデザートセット」を3人でいただきました。)

たいちゃんと両親が待つ実家へ、途中寄り道(ポンすけの「トイレ!」や、買い物など)をしながら歩いて帰りました。
b0075888_9465818.jpg
たいちゃんも両親に笑顔やかわいらしい声を見せてご機嫌に過ごしていたそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-24 23:30 | 家族 | Trackback | Comments(0)

ポンすけの創作活動

家族全員で過ごすことの多いリビングに、ポンすけ用のミニテーブルと子ども用の椅子を置いています。
最近は、ポンすけは、夕飯のあと、ここで色々と創作活動をしています。
b0075888_107553.jpg
昨晩は、2歳のお誕生日プレゼントでもらった粘土でした。
付属の道具を使って、一人で黙々と「ケーキ屋さん」を始めました。
b0075888_108463.jpg
色とりどりの美味しそうなスイーツが出来上がりました。
b0075888_108135.jpg
だんだん手先も器用になってきて、個性的な作品を作り出すようになり、見ていて面白いです。

ほかにも、絵を描いたり、折り紙やはさみ・テープなどで作品を作ったり、文字の練習をしたりしています。
一人で集中して遊んでいるときもあるし、私と一緒にやりたがる時もあります。

今週は、ついに、自分の名前を書けるようになりました。(苗字は漢字、名前はひらがなです。)
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-23 16:06 | 家族 | Trackback | Comments(0)

布オムツを併用

ポンすけが生まれてからオムツが外れるまで、我が家では夜間とおでかけ時以外は、自宅でも保育園でも布オムツや布のトレーニングパンツを使っていました。

ポンすけが生まれてから私が産休後に仕事に復帰するまでは、雄サンも育児休業中で大人2人がかりで育てていたので、退院した日から昼間は布オムツを使っていましたが、今回は基本的に私1人ということで、産後1ヶ月半は便利な紙オムツ(新生児用)を使い、昨日から、気力が充実している時に限り、昼間の布オムツの併用を始めることにしました。

 *****

布オムツを使うにあたり、用意したのはこちら。

布オムツとオムツカバー。
我が家の経験では、肌の弱い赤ちゃんには、綿製のオムツカバーが良いようです。
ポンすけの時にかなり使って防水加工が弱っていたので、今回は使う前に防水スプレーをかけてみました。

汚れたオムツを洗濯するまで漬けておくバケツ。
ニオイ対策として、蓋つきが便利です。
バケツの中には、水と「液体チビクリン コンパクト 600ml」を入れておきます。
b0075888_9212977.jpg
うんちの時は、トイレで予備洗いをしなければいけないので、汚れ落としに使う古い歯ブラシを、ペットボトルの上部を切ったものに入れておきます。(昨晩、早速使いました。)

 *****

布オムツを併用することで、布オムツを洗濯する手間は増えますが、紙オムツ代など、経済的にも助かりますし、紙オムツよりも頻繁に交換しなければならない(紙オムツの方がさらっとしていて赤ちゃんがお尻が濡れているのに気づきにくいようです)ので、赤ちゃんの様子をこまめに見ることができます。

ちなみに、紙オムツなら、3歳8ヶ月のポンすけでも交換できました。
b0075888_930422.jpg
写真は先月、たいちゃんのオムツを替えているポンすけです。
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-22 09:30 | Life style | Trackback | Comments(9)

天然素材の防虫剤

「樟脳(しょうのう)」という、昔からある防虫剤のことは知っていましたが、それが、地元・兵庫県の木(西宮市、伊丹市の市の木でもあるそう。)でもあるクスノキから取れることを最近知りました。

そして、クスノキの端材を利用して作られた、天然素材でつくられた防虫剤があることも。
KUSU HANDMADE」のエコブロック。
b0075888_13145524.jpg
材料もさることながら、作り方も手作りにこだわっているそうです。
切り出したブロックを紙やすりで1つ1つ丁寧に削り、あらかじめクスノキから抽出したオイル(樟脳油、カンフルオイル)を塗って約2日間乾燥させて商品になります。

箪笥の引き出しにしのばせたり、お部屋にインテリア・アロマ効果(リラックス、抑うつ症状を和らげる、病後の回復期の心理を高揚させる、など)を期待して置いたりして使い、効果が薄くなってきたら、またオイルを染み込ませて捨てずに繰り返し使えるようになっています。
b0075888_13191398.jpg
我が家にはクローゼットがいくつかあるのですが、クスノキでできたハンガータイプもあるそうです。
b0075888_13192530.jpg
また、吊り下げるタイプの商品や、
b0075888_13194320.jpg
袋に入れて使う使い方も。
(画像はお借りしました。)
小さな巾着を自作して、エコブロックを入れて使うのも良さそうです。

また我が家に乳幼児が増えたことですし、これからは出来るだけ化学物質からできた製品を避け、天然素材由来のものに変えながら暮らしていければいいなぁと思っています。



[PR]
by monsteracafe | 2010-10-21 13:23 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

POMPADOURのハーブティー

モニプラの「日本緑茶センター」さんの企画に当選し、POMPADOURのハーブティー8種類をいただきました。
b0075888_10515556.jpg
今回初めて知ったのは、こちらの商品のこだわり

ハーブを細かく粉砕することにより、花・枝・実・皮・種・根という全く異なる部位の中から出来るだけ早い時間で養分を完全に抽出できるよう、また手軽に美味しく楽しめるように、ポンパドールはティーバッグを採用しているのだそう。
そして、それぞれが一番美味しく頂けるように、種類ごとに内容量が異なっているのだそうです。

随分前に妊娠中に飲めるお茶としてご紹介したことのあるお茶のほか、飲んだことのないお茶もあって、楽しく飲み比べています。
b0075888_1052656.jpg
特に、私が気に入ったのは、ローズヒップ&ハイビスカスフラワー(ハイビスカスの花びらって飲めるんですね!)のお茶。
ローズヒップは「天然ビタミンCの爆弾」と呼ばれているそうで、夏の間にたくさん浴びた肌の紫外線ダメージも回復してくれそう。
鮮やかなルビーレッドの色と、さわやかな香りを楽しむことができ、リフレッシュにもなります。
授乳中の今、カフェインレスで、自宅で飲むのにぴったりなハーブティです。
レモンや蜂蜜を入れて、風味を変えて飲むのもおススメです。

ティーポットでなく、マグカップなどで飲む時には、お皿などで蓋をして、十分に蒸らすのが美味しくハーブティーをいれるコツだそうです。

ようこそ!日本緑茶センターサイトへファンサイト応援中
[PR]
by monsteracafe | 2010-10-20 10:56 | refreshのために | Trackback | Comments(4)