「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

俵万智 「生まれてバンザイ」

先日、図書館で何気なく手に取った1冊。
生まれてバンザイ」は、「サラダ記念日」「チョコレート革命」などで有名な歌人・俵万智さんの妊娠から出産、その後の育児の日々の中から生まれた短歌を編者が選りすぐってまとめた1冊でした。

普通は1行で表現される短歌ですが、詩のように、言葉の語感や文章の意味を重視して、1ページに複数行に分けて記載されています。
そのため、短歌に馴染みが薄い人にも読みやすく、その歌が詠まれた時の情景や気持ちがよく伝わってきます。

日々成長していく子どもとの何気ない日常を、心のシャッターで切り取り、三十一文字の言葉の中にギュッと写し取る。
素晴らしい才能だと感心しながら、時には育児に疲れ音をあげそうな自分を励ましてくれる歌、小さな幸せに気づき、感動する歌など、1つ1つをできるだけ丁寧に味わって読みました。

4歳4ヶ月のポンすけと、もうすぐ9ヶ月になるたいちゃんの妊娠・出産・子育てをしている私には、どの歌にも共感でき、思わず涙が出てくる歌もいくつかありました。
母にも読んでもらったのですが、やはり母も感じるところがあったようで、母も涙を拭いながら読んでいました。

現在“母”の女性に読んでもらいたい、これから母になる予定の方にも贈りたい、“珠玉の1冊”だと思いました。(文庫本サイズですが、イラストや色が配され、特別な装丁がなされているので、プレゼントにもピッタリだと思います。)
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-31 23:37 | Life style | Trackback(1) | Comments(0)

保育園の個人懇談

今年も保育園の個人懇談のシーズンがやってきました。
我が家はできるだけ毎年夫婦2人揃って、年に一度、担任の先生と子どもの様子をお話する機会を持つようにしています。

雄サンも私も、午後半休で、たいちゃんとポンすけのそれぞれの懇談に行ってきました。(希望する時間帯を選べるので、たいちゃん→ポンすけと続けて懇談の希望を入れておきました。)

たいちゃんの方は、担任の先生と、普段よくお世話をしてくれている先生と2人が対応してくれました。
まだ赤ちゃんなので、家や保育園での過ごし方、成長の様子などを話しあいました。

たいちゃんは生後しばらくは穏やかで育てやすい子どもでしたが、ここもう何ヶ月も、なかなか寝てくれず(昼寝・夜ともに)、すぐに起きてしまうなど、いまだに苦戦していたり、ポンすけよりも活発で家中どこでも動き回り、段差があれば登り、手を伸ばし、何でも口に入れてしまうので目が離せないことなどをお伝えしました。

保育園では、ずいぶん(・・・といっても、1回あたり30分から1時間くらい)寝られるようになり、お歌や手遊びに反応して拍手をしたり、元気に動き回ったりしているそうです。

 *****

続いて、ポンすけ。
今のところ、家では時々食事を食べたり食べなかったりするムラがあるのが気になる程度で、特に悩みもなかったので、担任の先生に普段の彼女の様子を伺いました。

保育園では、大親友のそらちんちゃんと一緒にいることが大半(笑)だそうです。とても仲良しでいつも喋ったり、歌ったり、踊ったりしているようです。
二人ともマイペースなので、必要があれば先生が声をかけているが、話の内容をさりげなく聞いていると、普段保育園でやっていることが会話の中にたくさん出てきているそうです。

グループ活動では他のお友達とも仲良く遊べているようで、ケンカなどで泣いた時にも、泣きながらも自分の気持ちを筋立てて話せるので、先生はポンすけの気持ちがよく分かり、必要に応じて仲裁に入ったり、説明したりしているのだそうです。

また、今までは照れたり観察していたりして、積極的に前に出る姿は見かけませんでしたが、最近では、手遊び歌をみんなの前でやる人を募った時に、「ハ~イ!!」と手を挙げて、張り切ってやっているのだそうです。
そんな姿を見たことがなかったので、私も雄サンも驚きました。

一度だけ、ニガテなトマトが床に落ちていたことがあり、先生が「どうしたの?」と尋ねると、気まずそうな顔をしたそうです。先生は叱るのではなく、見過ごすのでもなく、「食べ物は大事にしなくちゃダメだよ。それに、○○さんが一生懸命作ってくれたんだよ」と諭してくれたそうです。

クラスでは、小さな頃から取り組んできたリトミックが本格化し、即時反応という、音がポンと鳴ったら、その鳴った音にあわせた動きをする、という高度なレベルになってきているそうです。
フルーツバスケットや鬼ごっこなど、集団遊びも少しずつ取り入れ、みんなで取り組む楽しさを共有していきたいと話していました。

先生の狙いをポンすけは敏感に感じ取るそうで、先生に感じたことを話してくれたり、気づくと先生の膝の上にちょこんと座っていたりして甘え上手な一面もあるそうで、「○○ちゃんには、日々癒されたり、励まされているんです」と話してくれました。

色々とお話を聞き、先生のこだわりや熱意も分かり、ますます安心・信頼して、子ども達を保育園にお預けしたい気持ちになりました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-30 22:44 | 家族 | Trackback | Comments(2)

雨の日の農業体験

今日は、以前から申し込んでいた、兵庫県養父市馬瀬(まぜ)区への農業体験バスツアーに、ポンすけと2人で参加してきました。

このバスツアーは、兵庫県の都市部と農村部の交流を目的に昨年も開催されていましたが、昨年はポンすけもまだ3歳(年少)で私も妊娠中だったので参加しませんでした。
年中さんになった今年は、ポンすけに様々なことにチャレンジし、豊富な経験をさせてあげたいと考え、母子で参加することにしました。
(たいちゃんは雄サンとお留守番です。)

関西では、この週末、大型台風が通過するので大雨でした。参加するかどうか、ちょっと考えましたが、ツアー自体は雨でも開催されるし、既に参加費も払っていて、あちらの方が待っているというのにこちらの参加者は少なくなりそうので、参加することにしました。(どのみち、雨の日でも、休日に家で一日中じっとしているのは難しいポンすけです・・・。)

 *****

7時半頃に神戸を出発し、1回の休憩を経て、10時頃に現地に到着しました。
現地でも雨は降っていましたが、神戸よりは風もなく、プログラムを多少変更して行われました。
b0075888_9303684.jpg
最初にサツマイモの苗の植え方(苗差し)について教えてもらい、その後少し歩いたところの畑で苗差しを体験しました。
b0075888_931442.jpg
黒いビニールがかけられた畑には、既に土が除く繰り抜いた穴とサツマイモの苗が用意されていて、私とポンすけもスコップで穴を掘り、サツマイモの苗を差しこんで、上から土をかけて・・・という作業を楽しむことができました。

手植えの予定だった田植えは、
b0075888_931353.jpg
機械による田植えを見学する内容に変更されました。
ミシンのように、ダッダッダッ・・・と一定のリズムで稲が植えられていく様子は面白かったです。
b0075888_9315786.jpg
私は長靴と山用の雨具、ポンすけは汚れてもよい服と長靴、レインコート、着替えやタオル類を用意していたのが良かったです。
b0075888_12253385.jpg
お昼は、馬瀬地区の皆さんが用意してくださいました。
b0075888_9323411.jpg
おにぎりや、山菜・蕗・筍などを煮たおかず、大学芋、苺、揚げ餅、柏餅などを美味しくいただきました。
食後は、虫取りや川遊びの予定を変更して、地元の方のハーモニカに合わせてみんなで歌を歌ったり、稲を刈った後の藁で縄を綯う体験をしました。
b0075888_9325656.jpg
地元の人に綯い方を教わったり、子ども達も一緒に作業を進め、楽しい時間を過ごしました。
ポンすけも2月に保育園の発表会で「3びきのこぶた」をした時に、「一番上のこぶたは、この藁でおうちを作ったんだね」と興味を持ち、出来上がった縄を丸めてリースを作ったり、私の髪や手首、足首に藁のアクセサリー(?)をつけたりして遊んでいました。作ったリースの1つは、保育園へのお土産にしました。

現在、馬瀬区では地区内に交流センターの建設事業が行われていて、基礎が出来上がっていました。
今度は秋の稲刈り・サツマイモ掘りの頃にお邪魔する予定ですが、その頃には出来上がっている予定だそうです。
また、年末には皆さんに農作物やお米と一緒に神戸に来てもらい、野菜販売会やお餅つきをする予定です。
ポンすけは地元の皆さんにかわいがってもらい、最後には「ありがとう~、また来るね~!バイバーイ!」と元気に手を振っていました。

地元の方とも仲良くなったところで、15時頃に皆さんに見送られながら、バスは出発しました。
帰りは、「道の駅 但馬のまほろば」に寄り、お土産に焼きサバ寿司と地元のお野菜をいくつか買いました。

帰りのバスではポンすけに寝てもらおうと思ったのですが、バスの中で見たDVDを真剣に見ていて、持参したおやつもほとんど食べず、あっという間に神戸に帰ってきました。

私も雄サンも田舎がない町育ちなので、ポンすけに良い経験をさせてあげられたと思います。何よりも、雨にもかかわらず、とても楽しい1日でした。
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-29 23:49 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

父と娘のお料理教室

先々週のお料理教室初体験に引き続き、ポンすけはお料理教室に参加しました。
今回は、パパと2人、来月の「父の日」に向けて企画された、コープ活動サポートセンター住吉の「パパ、いっしょに作ろうよ 親子キッチン」です。

行く前に、ポンすけは、「パパは焼きそばしか作れないから、大丈夫かなぁ?」と心配そうでした。(本当は、学生時代に1人暮らしをしていた雄サンは、ある程度料理ができるのですが、普段は洗濯や掃除を担当しているので、ポンすけは知りません。)
「じゃあ、○○ちゃんがパパを手伝ってあげればいいんじゃない?」と答えておきました。
ポンすけは張り切って出かけていきました。
b0075888_9107.jpg
雄サンから聞いたところ、最初の50分近くはひたすら講師のデモンストレーションだったそうで・・・(汗)
・・・当然ながら、3歳~5歳の子どもたちは、途中で飽きてしまい、トイレに行ったり、めいめい遊び始めたりして、パパ達は大変だったそうです。

その後、グループに分かれ、あんかけご飯、お魚ボールのスープ、お花のミルクかんの3つを作ったそうです。
ポンすけは、雄サンと一緒にミルクかんとあんかけご飯の具を刻むのを担当したそうです。
b0075888_912277.jpg
グループにそれぞれ先生がついたそうですが、時々片付けや洗い物、講師達の昼食を作るのにいなくなってしまい、普段料理をし慣れていないパパと子ども達はここでも大変だったそう。
「おいしかったけど、すごく疲れた。企画の目的はいいと思うんだけど、もう少し、料理に不慣れな小さな子どもとパパに配慮したプログラムを考えるべき。」との雄サンの弁。
子どもを飽きさせずに楽しく作業に集中させるプログラムや流れの工夫、子ども向け企画の難しいところだと思います。
b0075888_91591.jpg
ポンすけは、あんかけご飯が美味しかったんだそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-28 22:23 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

新しょうがの甘酢漬け

先日、スーパーで目に留まった、新しょうが。
白とピンクがかった赤が鮮やかで美しく、ちょっとお料理してみたくなりました。

一部は天ぷらにしていただき、残りは保存食の「新しょうがの甘酢漬け」を作ることにしました。
作り方は、こちらの記事を参考にしました。

私の作り方はさらに簡単(・・・というか、手抜き)。

新しょうがは皮を剥き、スライサーで薄く切り、水に1時間ほど漬けておきます。
その後、さっと熱湯にくぐらせ、塩を振って、粗熱が取れたら水気を絞ります。

水と「べんりで酢」を1:1の割合で鍋に入れて火にかけ、沸騰したら、水気を切った新しょうがをビンに入れて、上から熱い液を回しかけ、蓋をします。
(市販の「べんりで酢」を使うのが簡単ですが、無い場合は、酢・砂糖・塩少々で「合わせ酢」を作ります。)
粗熱が取れたら、冷蔵庫で保存します。

写真は後ほどUPしますが、ほんのりとピンクがかった手作りの“ガリ”が出来あがりました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-27 23:08 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

柳沢小実 「30歳からの暮らし方」

以前からエッセイなどを拝見していましたが、雑誌「天然生活 2011年 03月号 [雑誌]」の特集で、
b0075888_10131169.jpg
ご自分の服はすべて、ご自宅のマンションのごく普通のクローゼットの半分の量におさめ、春・秋の服を中心に、一枚で着たり重ねたりして通年着まわすという、「衣替えのいらないクローゼット」という記事を読んでから、柳沢小実さんにますます興味を持ちました。
b0075888_1193999.jpg
暮らしのアイデア帖 ワードローブ編」シリーズなど、一通り読みましたが、一番最近読んだ、「30歳からの暮らし方 (天然生活ブックス)」は、雑誌「天然生活」に連載されていたエッセイに加筆・修正を加えたものですが、30代前後の仕事をしたり、結婚したりする女性の葛藤や悩み、考えの変遷などが書かれています。
b0075888_11162528.jpg
他の著書の内容では、“自分の考え方や価値観を確立している女性”という印象があったので、この本では日々揺れ動く、彼女の本当の気持ちが透けてみえるようで、かえって親近感を覚えました。
親しい友人と会話しているかのような1冊でした。
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-26 05:32 | Life style | Trackback | Comments(0)

オーガニックコットンの無撚糸バスタオル

先日、「ベルメゾンデッセ」のモニターで、「オーガニックコットンの無撚糸バスタオル」(色はベージュ)をいただきました。
b0075888_10432378.jpg
環境にやさしいオーガニックコットンを無撚糸で作ったバスタオルです。
糸をよらない無撚糸を使っているので、ふっくらとやわらかな肌触りと吸水性の良さを実現しています。

また、「毎日の生活に、普通に“人と環境にやさしい”を取り入れてほしい」という開発者の思いで、シンプルな流通工程にすることで、コストを最小限に抑える努力をしているそうです。
(バスタオルは1枚1,590円で、千趣会のサイトから購入できます。)

早速、毎日のお風呂上がりや週に1度のベビースイミング(親子でプールに入ります)のシャワーの後に、自分で使ってみたり、ポンすけやたいちゃんの体を拭くのに使っています。

タオルの地が厚く、しっかりと水分を吸収してくれるのに、ビショビショになりません。
肌触りもよく、頬ずりしたくなるような感触。
嬉しいのは、お洗濯を繰り返しても、風合いが変わらないこと。
無地で、色もシンプルで、私の好みでした。

親元を離れて15年以上、結婚して10年以上経つのに、いまだに「我が家愛用のバスタオル」を見つけられていない私。
これを機に、家族全員分の購入を検討しています。
いい商品に出会えたなぁ、と思っています。
ベルメゾンネット
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-25 23:19 | お気に入り | Trackback | Comments(3)

【お知らせ】 「ママブロ」新規登録キャンペーン

ブログを始めた頃から、トレンダーズの「トレンドリーダー」に登録して、アンケート回答や各種モニター、イベントへの参加など、色々と活動してきましたが、このたび、ママブロガー向けのサービス「ママブロ」を始めるそうです。

ママブロ」とは、ママならではの視点でサービスや商品の情報を発信する会員組織で、ブログを書いているママならどなたでも登録できます。

「トレンドリーダー」では、不定期でメール配信されるアンケートに答えることで、商品開発や各種サービスの改善に間接的に協力できたり、社会の動きをいち早く知ることができる一方で、100~500円ほどの回答協力費ももらえて、ちょっとしたおこづかいになりました。

現在、新規登録キャンペーン中で、8月末までに新規登録(無料)すると、無添加で自然なおいしさにこだわった「美味安心」のカレールーが抽選で200名に当たるそうです。
ご興味のある方は、一度サイトをチェックしてみてください。
b0075888_12221016.jpg
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-25 23:10 | Life style | Trackback | Comments(0)

「風風(ふうふう)」のたこやき

ここ何ヶ月かの我が家のお気に入りは、「風風(ふうふう)」のたこ焼き。

ポンすけも大好きで、時々雄サンとポンすけに買ってきてもらいます。
b0075888_1211780.jpg
店頭で焼いているたこ焼きは、1舟300円。
b0075888_1282841.jpg
定番のソース味のほか、塩、ポン酢、マヨネーズなどの味が選べます。
b0075888_128382.jpg
時間帯によっては、並ぶこともあります。

我が家のお気に入りは、ソースと塩(好みでマヨネーズもトッピング)。
b0075888_12112854.jpg
タコは大きめ、こんにゃくが入っているので食感も楽しく、生地の味も美味しくてふんわりと焼けています。
b0075888_1291192.jpg
テイクアウトのほか、店内でもいただけます。からあげなどのサイドメニューやドリンクも何種類かあるようなので、熱々のたこやきをお店でいただくのがベストだと思います。

たこやき 風風 たこ焼き / 摂津本山駅岡本駅青木駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


[PR]
by monsteracafe | 2011-05-24 23:11 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

朝食を食べよう

先日ご紹介した本(「100歳までボケない101の方法」)の中でも、必ず朝食は食べよう、と書かれていました。
子ども2人を保育園に送って出勤しなければならない平日の我が家では、どうしても子どもたちに食事や着替えをさせたり、保育園の準備をするのが優先してしまい、夫婦の朝食は後回しになりがちです。

今回、トレンダーズのモニターに当籤し、「クラフト 朝食応援 のせて焼くだけ!!」(「チーズ&ピザソース」と「チーズ&ツナマヨ」の2種)をいただきました。
b0075888_13384567.jpg
これらは、固形のソースや具材とチーズがミックスされた、新しいタイプのシュレッドチーズだそうです。

パンにのせてトースターで焼くだけで、手軽にメインの朝食が作れるので、忙しい朝の朝食にぴったりです。
b0075888_13375718.jpg
この日は、「チーズ&ピザソース」トーストに、ミルクたっぷりのカフェオレ、最近食卓によく登場するキウイ、ヨーグルトという朝食メニューになりました。
b0075888_13382121.jpg
内容量は1袋で食パン4枚分とありましたが、食パンのサイズにもよりますが、食パン2~3枚くらいにたっぷりと多目にかけるのが我が家の好みでした。

ちなみに、モニター応募時に回答した「朝に関するアンケート」の結果がまとまったそうです。
これによると、私を含め、やはり多くの人(89.1%)の人が、朝は忙しく、特に朝食やお弁当作りに時間がかかっていると感じているようです。
あと少し朝に時間があれば、ゆっくりとコーヒーや紅茶を入れて飲んだり、少しだけ読書をしたり、子どもたちと会話を増やしたり、メールチェックやブログ更新をしたい、さらには、朝ギリギリで駅や会社まで走らずにゆっくり歩いて行きたいという意見もありました。
少しでも時短ポイントを見つけて、理想的な一日のスタートが切れればいいなと思います。
b0075888_1337129.jpg
src="http://bloganalyze.com/c_c2r379m14.gif">
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-23 23:38 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)