<   2011年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

英語の勉強、なんとか継続中。

何度かご紹介している、「Greenlight English」を使った英語のお勉強ですが、子ども達が寝ている間の時間を利用して(ブログ更新やメールチェックなどでパソコンを立ち上げるついでに)、なんとか続けています。
夜は子ども達を寝かしつけながら、自分もそのまま寝てしまうことが多いので、朝のほうが多いです。

「Talking and Walking with my dog(愛犬と一緒に散歩)」の方はかなり聞いたので、最近は、海外旅行に出かけた気分になって、「Touring Norwegian Wood(ノルウェーの森を旅する)」を聞くことが多いです。
b0075888_18301954.jpg
こちらは、友人と旅に出る計画をするところから、航空券やホテルの予約、現地でのショッピングや食事・・・といった一連の旅行の流れを再現しているので、海外旅行の時に、具体的に使えそうなフレーズがたくさんありました。

いきなり全部は覚えられないし使いこなせませんが、シーンに合わせて、少しずつ、会話できるところを増やしていければいいなぁと思って勉強しています。

[PR]
by monsteracafe | 2011-06-30 23:22 | 仕事にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(0)

「緑のカーテン」らしくなってきましたが・・・

今年の、我が家のゴーヤ。
b0075888_9454048.jpg
連日の暑さのせいか、葉がワサワサと繁り、ツルがネットの一番上まで伸びました。
b0075888_9455495.jpg
ただ、心配なことが、1つだけ。

これだけ生長しているのに、まだ1つも花が咲いていないのです。
このまま花が咲かなかったら、ゴーヤを収穫して食べる楽しみがなくなってしまいます。
早く花が咲かないかな、と毎日眺めています。

そうそう、最近知ったことが1つ。
ゴーヤの葉って、食べられる!そうなんです。
近いうちに、お料理してみて、食べた感想をご紹介したいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-30 05:44 | わがや | Trackback | Comments(0)

最近の姉妹

もうすぐ6月も終わり。
早いもので、たいちゃんはもうすぐ10か月になります。

昨夜は、雄サンが「お風呂に入る人、手を挙げて〜!」と言ったので、私とポンすけが「はぁ〜い!」と手を挙げたら、たいちゃんもニコニコして一緒に手を挙げました。
すごいねぇ、とみんなで褒めたら、たいちゃんは喜んで、両手をパチパチ叩いて拍手していました。

最近のたいちゃんは表情豊かで、色々なことに興味を示したり、反応したり、キャッキャッと笑ったり…、家族の会話を理解しているかのように見えます。

一方、あと2ヶ月でお姉さん歴1年になるポンすけは、先日、私がかぼちゃの煮物を取り分けて離乳食を準備しようとしていたら、「○○ちゃんがやったげる!」と言ってお手伝いしてくれました。
どうするのかとこっそり見ていたら、かぼちゃの柔らかいところだけをスプーンで小皿に取り、潰し、私がお湯を少しだけ入れてあげると、かき混ぜてペースト状にしていました。
さらに、たいちゃんのスプーンに少しだけペーストを取ってたいちゃんの口に運び、数秒待ってまたたいちゃんが口を開いたのを見計らってまた与えて食べさせていました。
ほかにも、途中でタオルで口を拭いてあげたり、お茶を飲ませたりして、すっかりお母さんのようでした。
「これなら、○○ちゃん、いつでもお母さんになれるねぇ」と誉めたら、「当たり前やん。○○ちゃんは女の子やから、大きくなったらそりゃあママになるわ」と言われました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-29 21:47 | Trackback | Comments(0)

【お知らせ】 カフェフォト・レッスン

今回は、私もメンバーの1人として参加している、「コウベまちむすび」の第1回イベントのご案内です。
(今後も「コウベまちむすび」では、9/23(祝)に「布ナプセミナー」などのイベントを予定しています。いずれも東灘区内で開催。)
 
 *****

おしゃれな岡本のカフェで気軽にフォトレッスンに参加してみませんか?
今持っているカメラで、もっと上手に撮りたい!
素敵なカフェの様子や美味しいメニューをキレイに撮りたい!
ブログ用におしゃれな写真を撮りたい!
そんな方におすすめのフォトレッスンです。
おいしいお茶をいただきながら、楽しくレッスンしませんか?

気軽に参加♪ カフェフォト・レッスン
b0075888_8185755.jpg

[日時] 2011年7月30日(土)15:00~ 約2時間半
[場所] cafe REBEau(カフェリビュー) JR摂津本山駅南改札から徒歩1分
[講師] titti(ちっち)さん
  ジャム作家*フードコーディネーター。
  撮影(TVバラエティやCM、広告撮影など)も挑戦中。
  2010年には「コウメのこやの写真展」を開催。
[定員] 10名 ※定員に達しました。只今、キャンセル待ちを受付中です。
[料金] 1,000円+カフェ代
[持ち物] お持ちのカメラ、記録メディア、カメラの説明書、筆記用具、メモ等
[お問い合わせ・お申し込み]
電話、FAX、メールアドレスのいずれかにて、下記をお伝えください。
 ・お名前(ふりがな)
 ・年齢
 ・ご住所
 ・ご連絡先(携帯もしくはご自宅のお電話番号)
 ・メールアドレス
[主催] コウベまちむすび
TEL:078-451-7033 FAX:078-201-3428
E-mail:kobecco@kobe-musubi.org
※チラシは、東灘図書館、東灘区役所等に置いています。

 *****

tittiさんのブログのカテゴリー「カメラ旅」では、旅先で見つけた印象的な風景を切り取った写真や、美味しそう!な食べものの写真などがご覧いただけます。
私もこんな風にもっと写真をうまく撮れるようになりたいです。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-28 09:47 | refreshのために | Trackback | Comments(0)

梅干しを漬けました

先日、梅酒と梅シロップを漬けましたが、実家から梅をもらったので、こちらは梅干しにすることに。

梅は梅酒などよりも、少しおいて、成熟して黄色っぽくなり、甘い香りがしているものを使います。
私が洗って乾かしておいた梅4kgを、梅干が大好きで、ここ数年毎年漬けている雄サンが漬け込みました。

まずは、材料はこれだけです。
(後日、塩で揉んだ赤紫蘇を加えたりする作業をします。)

・梅4kg
・塩700g(800gが標準。少しだけ減塩しました。)
・酢少々
・アルコールスプレー(あれば。甕にスプレーするとよい。)

写真を撮り忘れましたが、梅は酢につけてから、塩をまぶし、甕に入れていきます。
甕に全部入ったら、上から塩をして、蓋をします。

ちなみに、我が家の梅干用の甕は、雄サンの実家で使っていたもの。
義母が元気だった頃は毎年大量の梅干を漬けていたそうです。義母が亡くなってからは、義姉たちはしないので、我が家が甕を引き取り、梅干を漬けています。

数日すると、透明な液があがってきます。これが白梅酢です。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-27 23:00 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

ポンすけの読み聞かせ

以前、母娘の「真っ暗絵本」の話を書きましたが、最近はポンすけが私に、即興創作絵本(?)の読み聞かせをしてくれます。

昨夜は保育園の“お帳面”を使って、ポンすけの即興&オリジナルのお話が展開されました。
b0075888_8204642.jpg
色々な登場人物が出てきて、ちょこちょこと動きがあって、話が変わっていくのですが、上手に「ところが」とか「そこで」「だけど」などの言葉を使えているのには驚きました。

保育園の先生がやるように、私の方に絵本を向けて読んでくれました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-27 05:59 | 家族 | Trackback | Comments(0)

ポンすけのヘアカット

金曜日に、ポンすけが、
「ママぁ、そろそろ○○ちゃん、髪が伸びてきたから、美容院に行きたいんだけど。お休みの日に(行けるように)お兄ちゃんに連絡してくれる?」
と、リクエストしてきました。

前髪がずいぶん伸びていたし(前髪のカットは時々私がしています)、2歳半頃からずっと伸ばしている後ろの髪は、彼女の腰に届きそうな長さ。
これから保育園で週に3日、プールも始まるので、この機会に後ろの数センチほどカットしてもらうことにして、早速私の行きつけの美容院の店長さん(ずっとお願いしている美容師さんは、この春、店長に昇格しました)に予約を入れました。

グランパ(=父)に車で送ってもらったので、早めにお店に着きましたが、店長さんが前の方のカットを終えるまで、ポンすけは私とおしゃべりしながら待っていました。
店長さんに「シャンプー台もチャレンジしてみる?」と聞かれましたが、こちらはポンすけが嫌がり、「今度にする」とお約束。私が事前に髪をブラッシングしておいたので、そのままカットしてもらうことにしました。
b0075888_935119.jpg
暑がりのポンすけですが、今日は店内も涼しく、特別に用意してもらった椅子が気に入ったようで、おとなしく座っていました。
b0075888_94447.jpg
店長さんとポンすけはおしゃべりしながら、順調にカットが進み(小さなお客さんのようです)、最後はブローまでしてもらいました。
b0075888_94165.jpg
今までで初めて、最初から最後まで一人でおとなしく座っていることができました!

晴れていたのに、美容院を出る頃には、雨が降っていました。店長さんが貸してくれた傘を二人でさして、途中でパンを買い、歩いてあーちゃん(=祖母)の家まで帰りました。
b0075888_94296.jpg
小さい頃から通っている美容院なので、店長さんやお店の方にも、色々な面で「大きくなったねぇ」と驚かれ、褒めてもらって、上機嫌で帰宅したポンすけでした。
b0075888_944012.jpg
ちなみに、たいちゃんはあーちゃんのおうちでお留守番。
あーちゃんに寝かせてもらい、お昼寝をして、元気に私たちを出迎えてくれました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-26 23:00 | 家族 | Trackback | Comments(0)

大判・集合写真の収納法

ポンすけが保育園に通いだしてから、どんどんたまっていた大判の集合写真。
我が家では、デジカメプリント写真は、無印良品アルバムに入れて保存しているのですが、同じようなデザインの大判写真用のものがありませんでした。

ママ友達に聞いたり、ネットで調べたりして、結局、A4サイズの「ポリプロビレン クリアホルダー(A4・32ポケット)」に入れる、という方法に落ち着きました。
ポンすけとたいちゃん、1人1冊ずつ買いました。

A4サイズの紙に、同じく無印良品の「フォトコーナー70片」を使って、写真を貼っていきます。
その紙をクリアポケットに入れていくだけ。
b0075888_8594059.jpg
このあと、マスキングテープやスタンプ、シールなどを使って、もう少し可愛らしくする予定です。
保育園の6年間分の大判・集合写真が1冊に収納できそうです。

ちなみに、「無印良品週間」(メンバー限定10%off)は、店舗は6月27日(月)、ネットストアは6月28日(火)午前10時までです。
私は年に数回ある、このキャンペーン期間中に、よく収納用品などをまとめ買いしています。



[PR]
by monsteracafe | 2011-06-24 06:14 | わがや | Trackback | Comments(2)

白湯のみダイエット、実践中。

偶然図書館で見つけた、「朝1杯!!白湯のみダイエット―朝、お湯を飲むだけ。 (レタスクラブMOOK)」という本を読み、6月に入ってから、「白湯のみダイエット」なるものを実践しています。
(産後9ヶ月、もうそろそろ理想の体重まで、あと数キロ、頑張って落としていってもいいと判断しました。)

方法はとっても簡単で、毎朝、起きたら沸かして50℃くらいに冷ましたマグカップ1杯の白湯をゆっくりと飲み、その後はいつも通りに朝食や飲み物をいただくだけ。
(好みで、日中も、飲み物を白湯に代えてもいいそうです。)

白湯がしんどい時は、市販のジンジャーシロップを少し混ぜたりして飲んでいます。(お茶やコーヒーなどではだめで、なるべく何も入っていない白湯がいいのだそう。)

今のところ、劇的な体重の変化はありませんが、飲んだ後、体がポカポカと温まり、活力が沸いてくるような感じがします。
実際、本には体の内臓が白湯によって目覚め、代謝がUPすると書いてありました。
1ヶ月、2ヶ月・・・と続けていった時の体の変化がとても楽しみです。

千葉麗子さんの他の関連著書、「白湯ダイエット-カラダの声に耳を澄ましてますか? (祥伝社黄金文庫)」も、近いうちに読んでみたいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-23 06:07 | Health | Trackback | Comments(2)

「ル・クルーゼ」でワンプレートディナー

今日の夕飯のメインのおかずは、「ル・クルーゼ」のお鍋(我が家で使っているのは、オーバル型のオレンジ色の鍋)一つでほったらかしで出来上がりました。

私の創作料理なので、料理名はありません。
しいて言うなら、「サーモンと野菜の蒸しグリル」??
b0075888_9584825.jpg
作り方は簡単。
鍋にオリーブオイル少々とにんにく少量を入れて火にかけ、香りが立ったら、玉ねぎのスライスを加えて軽く炒め、鍋の半分くらいに寄せ、にんじん、ヘタを取ったトマトを入れます。
玉ねぎの上に、軽く塩(あればハーブ塩)・コショウをしたサーモンを載せ、全体に白ワイン(または料理酒)を軽く振りかけて、蓋をして10分ほど蒸します。
途中でさやいんげんを加え、さらに5~10分ほど蒸してできあがり。

器に盛り付け、好みで塩(我が家のオススメは「クレイジーソルト」)をかけながらいただきます。
トマトや野菜から出た煮汁も、ぜんぶいただきます。

野菜本来の甘みが引き出され、火が通っても身が固くならないサーモンとトマト風味のソースとの相性もよく、雄サンからも好評で、ポンすけもよく食べていました。
ほったらかしている間に、別の副菜を作れるので、時間がないときのメニューにオススメです。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-22 22:41 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)