「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

天然シトラスのシャンプー

レビューブログさんから、天然シトラスのシャンプーをいただきました。
b0075888_8282551.jpg
エスコスの「シトラスミンティ 300ml」は、オレンジやレモン、レモングラスなどの天然シトラスに、ミントやハッカを加え、抗菌、消臭パワーを高めた清涼感たっぷりのシャンプーだそうです。

私のような、髪が細くやわらかくてにコシがない、ペタッとなりやすい・・・そんな悩みを持った方にオススメなのだそうです。
b0075888_8265336.jpg
手にとってみると、透明でほんのりグリーンの色がついているように見えます。
手の平で泡立てると、少量で泡がよく立ちました。

ミントやハッカが入っているせいか、洗っていると、頭がスゥーッとしてきました。
でも、強い刺激ではなく、冬場でも気持ちいい感じ。きっと夏場、汗や皮脂などによる頭皮のベタつきやニオイが気になる時期には、もっと爽快に感じることでしょう。
※ミントやメントールの刺激に弱い方はお控えください。

さらに、人工的なツヤを与える「リンス」ではなく、天然オレンジの「リモネン」の作用で、血行促進や毛穴の汚れを取り除く効果もあるそうで、1~2分マッサージしながらシャンプーするのがオススメなのだそう。
シトラスミンティ 300ml」を使えば、リンスは不要だそうです。

私はもちろん、髪の長いポンすけも一緒に使って、「気持ちいいねぇ」と喜んでいました。

気になる効果ですが、髪を洗った翌朝、髪全体がしっとりまとまっている感じがしました。
いつもは気になるパサつきも抑えられていて、香りや爽快感でシャワータイムが楽しくなるだけでなく、髪のケアもしっかりできる商品だと思いました。
b0075888_15502899.jpg

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログでお小遣い 無料サンプルも

[PR]
by monsteracafe | 2011-11-30 23:38 | Beauty | Trackback | Comments(0)

ベーコン・きのこ・ブロッコリーの塩ラーメン

「中華三昧」北京風塩拉麺で、オリジナルレシピを考えてみました。

ベーコン・きのこ・ブロッコリーの塩ラーメン
材料(1人分):
「中華三昧」北京風塩拉麺(1袋)、ベーコン(薄切り)・エリンギ(一口大にちぎる)・ブロッコリー 各適量、白胡麻
b0075888_15332369.jpg
作り方:
1. ブロッコリーは穂先を食べやすい大きさに切り、芯の部分はやわらかい中央部分だけを縦に食べやすい大きさに切る。
2. フライパンでベーコン、エリンギを炒め、軽く塩をふる。
3. 鍋で熱湯600mlを沸かし、「中華三昧」北京風塩拉麺とブロッコリーを入れて4分間茹でる。
4. 「中華三昧」北京風塩拉麺の粉末スープと液体スープを加え、火を止め、よくかきまぜて、器に盛る。
5. ラーメンの上に2をのせ、白胡麻をふる。
b0075888_1531740.jpg
ベーコン、エリンギ、ブロッコリー、それぞれの食感の組み合わせが楽しく、、「中華三昧」北京風塩拉麺の海鮮醤(ハイセンジャン)のきいたスープと具材がよく合っていると思います。

このレシピで、中華三昧を使ったアイデアレシピコンテストに応募してみました。

[PR]
by monsteracafe | 2011-11-30 22:23 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)

新しくなった、「中華三昧」

キャリアマム」のプレゼントで、新しくなった「明星 中華三昧」をいただきました。
b0075888_1513111.jpg
私の実家では、子どもの頃から、ラーメンといえば、「中華三昧」でした。
だから、結婚した今でも、私は「中華三昧」を自宅にいつも常備しています。
(雄サンは「サッポロ一番(塩)」派。)

今回、改めて知りましたが、「中華三昧」は、高価格即席袋麺市場No.1ブランド、そして、発売から30年が経つそうです。
(ちなみに、冷麺も「中華三昧」がコシがあって美味しいです。)

この秋、パッケージとさらに味が美味しくなって、リニューアルされました。
自宅に常備していたパッケージと見比べてみたのですが、既にリニューアルされていました。

30周年とリニューアルを記念して、現在、中華三昧を使ったアイデアレシピコンテストが開催されています。
レシピコンテストに投稿すると、参加賞がもらえるそうです。

私も、今回、いくつかラーメンのレシピを考えて作ってみたので、その1つを投稿してみようと思っています。

[PR]
by monsteracafe | 2011-11-30 06:09 | きょうの料理 | Trackback | Comments(2)

なかやみわ 「どんぐりむらのぱんやさん」

以前ご紹介した、「どんぐりむらのぼうしやさん (どんぐりむらシリーズ)」の第2作、「どんぐりむらのぱんやさん (どんぐりむらシリーズ)」が今年の夏に出版されました。

Amazonの商品説明によると、
子育てしつつ、人気のぱんやさんを切り盛りするパパとママ。
忙しい中にも新作開発に向けて努力するパパママと、けなげな子どもたちの姿を描く心温まるストーリー。
大人気の『どんぐりむら』シリーズ第2弾は作者から働くパパママへのエールのような物語。
・・・と、子どもに読んであげる以上に、自分が読んでみたくなりました。

 *****

ポンすけが通う保育園のクラスでは、この秋、「どんぐりむらのぼうしやさん」の絵本を先生に読んでもらい、みんなで実際に色々なものを使って帽子作りをしたり、外に出て、どんぐりや落ち葉を拾って工作をしたりしていました。

さらには、定期的にメンバー替えをする、クラスの4つのグループの名前も、絵本から学んだ知識をもとに、「こなら」「みずなら」「かしわ」「あべまき」と、どんぐりの種類の名前になっていたそうです。
(どんぐりに、こんなに種類と名前があったなんて、私も初めて知りました。)

2作目も購入して、読んであげたいと思っています。
[PR]
by monsteracafe | 2011-11-29 23:11 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

Perfumeの新譜「JPN」

Amazonで先行予約していた、Perfume(パフューム)の「JPN(初回限定盤)(DVD付)」が届きました。

我が家では、雄サンをはじめ、私もポンすけもPerfumeが大好き。(一度、ライブに行ってみたいものです。)
CDは、毎回初回限定盤のDVDがついたものを買い、車の中ではCDをかけ、家ではDVDを見て、楽しんでいます。

ポンすけが好きなのは、あーちゃん。私と雄サンはのっち派です。
ポンすけは、歌やダンスが大好きで、PerfumeとAKB48が出演する番組は雄サンに録画しておいてもらい、真剣に見て、歌や踊りを覚えて真似したりしています。

最近では、そんな姉を見て、たいちゃんまで一緒に踊る?ようになりました。
キレのある動きを見せるポンすけに対し、モチモチした、たいちゃんの動き。
とっても可愛らしいです。
[PR]
by monsteracafe | 2011-11-28 23:28 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

奥出雲・田舎暮らし体験(3日目)

あっという間に旅の最終日。
今日もTさん家族と一緒に、母屋で朝食をいただきました。
b0075888_15323131.jpg
この日のメインは塩さば。内陸部の奥出雲では、昔から塩さばやあじの干物、塩鮭などがよく食べられていたそうです。
b0075888_15324048.jpg
出発前、Tさんご一家と、今回一緒に泊まった参加者のKさんと一緒にパチリ。皆さん温かく、うちの子ども達と同じ年頃のお孫さんもいて、とても楽しく、居心地のよい今回の滞在でした。
また、機会があれば、こちらに泊まりたいなぁと思いました。
b0075888_15324853.jpg
今日も「古民家暖々」に集まり、今回のモニターツアーについてのアンケートに答えたり、1時間ほど、みんなで意見交換をしたりしました。
いくつか参加者から企画アイデアも出て、いくつかでも実現できたら素晴らしいなぁと思いました。
b0075888_15325680.jpg
私達が話している間、ポンすけ達は子ども同士で今日も楽しそうに遊んでいました。
参加されたご家族と、「またこちらで会いたいですね」「また別の企画があったら参加したいですね」とお話しました。
 
 *****

解散後、帰りの電車まで時間が出来たので、ご厚意で、奥出雲役場のOさんに車で地元を案内していただきました。(案内というよりも、お土産ツアーといった感じでしょうか。)

初日にノボリを見て、気になっていた「奥出雲バーガー」が食べたいなぁと話したら、「キャロットハウス」さんで買うことができました。(何種類かあり、1個500円。)

「奥出雲づくし 稲穂」さんで地元のお醤油などのお土産を買い、お隣の「cafeシナトラ」でコーヒーとケーキ、ポンすけはアイスクリームをいただきました。
b0075888_153354.jpg
地元のお菓子屋・松葉屋さんの「生どら」や、簸上正宗の純米酒で漬けた梅酒などのお土産もいただき、特急やくもの始発駅の宍道駅まで車で送っていただき、予定していた電車に乗って帰ることができました。
b0075888_15331527.jpg
車内で「奥出雲バーガー」をいただきました。
出来立てではないものの、地元の豚肉を使ったパテやミンチカツと、たっぷり入った野菜、特製のソース、パンとの相性がよく、美味しかったです。(ポンすけもほとんど1個、1人で食べました。)
出来れば、イートインで出来立てを食べてみたいなぁと思いました。

行楽シーズンで、最後に乗った新幹線(岡山~新神戸間)はとても混んでいて、自由席には座れず、到着までの30分ほど通路に立っていましたが、ポンすけは最後まで自分のリュックや荷物を自分で背負い、夕方、元気に神戸に帰ってくることができました。

私もとても楽しい3日間でしたが、ポンすけにとっても同じだったようで、お迎えに来てくれたグランパ(=父)、雄サン、たいちゃんに「あー、また(奥出雲に)行きたいなぁ!」と話していました。

 *****

ゆくゆくは奥出雲に定住してくれれば嬉しいけれど、まずは、奥出雲がどんなところなのか、奥出雲の魅力を知ってもらい、ファンになってもらいたい、という気持ちで企画された、今回の「奥出雲・田舎暮らし体験」
奥出雲役場のOさんを始め、たくさんのスタッフや地元の方がたの協力によって、成り立っている、素敵な企画でした。

余計なものが何もなく、さびれた感じはまったくなく、いい意味で、古き良き日本、日本むかしばなしの世界のような田舎の風景を維持している奥出雲町。
空気も、水も、お米や野菜も美味しく、なんといっても温かい気持ちを持った地元の方とたくさんふれあい、地元の方の暮らしぶりを垣間見ることができた、貴重な体験が出来ました。
私やポンすけにとって、第2のふるさとのような土地になりました。お世話になった皆様に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、別の機会や季節に、今度は家族みんなで再訪したいなぁと思っています。
[PR]
by monsteracafe | 2011-11-27 22:31 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

奥出雲・田舎暮らし体験(2日目)

昨夜は懇親会の後、21時過ぎに宿に着きました。
泊めていただいたのは、リタイア後、農業をされているTさん宅。母屋とは別に立派な離れがあり、私たち母子ともう1人の参加者の3名が2部屋に分かれて泊めていただきました。
初めての「民泊」体験です。
b0075888_15283575.jpg
11月後半の今の時期でも、朝晩は-4度(!)という寒さ。
昼間はそうでもないのですが、室内は、こたつや暖房器具が欠かせません。
(朝晩と昼間の寒さの差が激しいので、こちらで採れるお米や野菜は美味しいのだそう。)

また、家のまわりにはキツネやうさぎ、熊などが出るそうで、昨夜、地元の方から「1階に靴やおもちゃを置いてたら、キツネが持って行ってしまうんだよ」と聞いたポンすけ、おもちゃが入ったカバンを抱えて眠り、起きるなり、「ママ、キツネさん、来なかった?」と心配そうに聞いていたのが、可愛いらしかったです。
b0075888_15284738.jpg
朝、起きて外を見たら、一面、霜で真っ白になっていました。
ポンすけは「わぁ、雪だぁ!」と喜んでいました。
b0075888_15285528.jpg
朝食は、母屋でご家族の皆さんと一緒にいただきました。
ご自分の畑や田んぼで育った米や無農薬野菜を中心にしたおかずがたくさん食卓に並び、どれも本当に美味しくて、たくさん食べてしまいました。
白米のほか、圧力鍋で炊いた玄米もいただきました。
b0075888_1529731.jpg
朝食後、畑に出て、ポンすけはこちらでもまた大根を抜いたり、白菜を収穫させていただいたりしました。
b0075888_15292335.jpg
採った野菜は、畑のそばの川の水で泥を落とします。
他にも、干し柿や柿などもお土産にいただきました。

 *****

Tさんの車で送ってもらい、途中、小学校や保育園(幼稚園と保育園が一体になった幼児園)も見せていただき、他の参加者と一緒に島根デザイン専門学校で陶芸体験をしました。
b0075888_15293277.jpg
備前焼の土、1人あたり1kgを使って、最初に先生から基本的な器の作り方を教わり、自由に作陶を楽しみました。
b0075888_15294082.jpg
ポンすけも1人前に参加しました。
すぐに飽きるかと思いきや、真剣に取り組み、ほとんど私が手伝うことなく、午前中に大小さまざまな器を作っていました。
b0075888_15295067.jpg
作業を中断し、お昼は近くのセミナーハウス(宿泊もできるそうです)で地元の方が作ってくださった、お弁当をいただきました。
b0075888_1530376.jpg
ポンすけは、午後からも陶芸に熱中し、おかげで私も存分に土いじりを楽しむことができました。久しぶりに何かに真剣に取り組む時間が持て、とてもリフレッシュできました。
b0075888_15301251.jpg
結局、お昼以外、10時から16時頃まで作業を続け、ポンすけと私とでこんなにたくさんの作品を作ってしまいました。
(2人で粘土2kgをすべて使い切りました。)
b0075888_15302149.jpg
奥の3つ以外は、私とポンすけの合作です。パッと見たところ、どちらが作ったのかわからないくらい。ちゃんと器になっているので、ポンすけは他の方から褒めてもらっていました。
今まで知らなかった娘の新たな一面を見た思いです。
b0075888_15303143.jpg
私のリクエストで作ってくれたお雛様だけは、とても子どもらしい作品になりました。
b0075888_15304090.jpg
今回陶芸体験に参加した人たちの作品は、来年2月に登り窯で焼いてもらい、自宅まで送っていただけるそうです。
できあがるのが楽しみです。

 *****

陶芸体験の後、今日も「ヴィラ船通山」で温泉に浸かって疲れを癒し、昨夜と同じ古民家「暖々」でそば打ち体験をしました。
b0075888_15304931.jpg
講師の方が生地をまとめてくれたものを、自分たちで伸ばし、
b0075888_1531031.jpg
細く切って茹がき、できたてを食べました。
太さや長さはまちまちで、食感も色々なのですが、自分で作ったおそばはとても美味しく感じました。
b0075888_1531972.jpg
自分達で握った、古代米のおむすびや猪のお肉が入った獅子汁も、とても美味しかったです。
b0075888_15311884.jpg
食事を終えた子ども達は、スタッフの皆さんに遊んでもらったり、打ち解けてきてからは、ポンすけが持参したシールや紙、折り紙などを他の子ども達にも分けてあげて、仲良く楽しそうに遊んでいました。
b0075888_15313275.jpg
子ども達が遊んでいる間に、話をしたり、後片付けをしたりしました。

今日も宿に戻ったのは21時過ぎだったのですが、Tさんの4歳のお孫さんが寝ないでポンすけを待ち構えていて、22時頃まで2人で一緒に遊んだり、大騒ぎをして、寝かせるのにちょっぴり苦労しました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-11-26 23:27 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

奥出雲・田舎暮らし体験(1日目)

こんなに長く電車に乗ったのは、学生時代に「青春18きっぷ」で東京から神戸まで帰省した時以来かもしれません。
新神戸7:25発-岡山7:56着(新幹線/のぞみ95号)
岡山8:05発-宍道10:52着(特急やくも3号)
宍道11:21発-出雲横田12:49着(木次線)

自宅の最寄り駅から新神戸駅までと、岡山の乗り換えでは、あまり時間がなかったので、先に言い聞かせておき、ポンすけにも自分でリュックを背負って頑張って急いで歩いてもらって、無事に乗ることができました。

特に、「やくも」は揺れが激しく、長時間だったので、ポンすけに持ってきたお菓子を食べさせたり、2人でお絵かきや折り紙をしたり、ずっと座っているのに飽きてきたので電車の中を探検したり、最後は2人でババ抜き3連戦をして私が3連敗(!)したりして、過ごしました。

最後に乗った2両編成の在来線、木次線(きすきせん)は乗り合いバスのような感じのレトロな雰囲気の電車でした。
紅葉は終わりかけでしたが、車内から見える山あいの景色に癒されました。
時季によっては、トロッコ列車が運行していて、人気のようです。
b0075888_15255478.jpg
乗り換えも多く、車内で過ごす時間も長かったのですが、ポンすけ、よく頑張ったと思います。一度も親子ゲンカすることなく、予定していた電車に乗って、目的地まで到着することができました。

 *****

電車を乗り継いで、13時前にやっと集合場所である奥出雲町役場横田庁舎に到着しました。
今回のモニターツアーのスタッフの方や参加者の紹介、日程の説明などを受けてから、広い奥出雲町内を車で案内していただきました。

最初に伺ったのは、Iターンで奥出雲町に移り住み、自宅の離れで真空管アンプやレコードプレーヤー・スピーカーの制作・修理、手づくりの陶器や布小物販売(手づくりのお店「どーこれ」)を手がけているHさん夫妻のお宅にお邪魔しました。
b0075888_15262443.jpg
1階では、様々なジャンルの音楽を、Hさんが大切にされているスピーカーやアンプでとても温かみのある音色を聴かせていただき、しばし時間を忘れてうっとりさせていただきました。
b0075888_15263146.jpg
2階のギャラリー兼ショップでは、地元の陶芸家の作品や、Hさんの奥様が作られた布小物などが、センスよく飾られていました。
いくつか欲しいなぁと思う器がありました。普段は、土・日・祝日の10時~16時にお店を開けていらっしゃるそうです。
b0075888_1526275.jpg
たまたま空き家だった現在のお宅にから移り住んだという、畑や蔵がある家。中にもあがらせていただき、素敵な暮らしぶりも拝見させていただきました。
b0075888_1526164.jpg
ポンすけは、こたつでおミカンをいただいたり、畑の大根を抜かせていただいたり、
b0075888_1526958.jpg
柿をもいだりして、貴重な体験をさせていただきました。

続いてお邪魔した、陶芸家のNさんもIターン者だそう。自宅で器を販売しているスペースや、工房、陶器を焼く電気釜などを見せていただきました。
b0075888_152639100.jpg
ポンすけはこちらでも早速こたつに入って和んでいました。
奥出雲の暮らしなどの話が弾み、奥様が手づくりのお漬物や柿などと一緒にお茶をふるまってくださいました。
b0075888_15264633.jpg
特に美味しかったのが、津田かぶの浅漬け。
ほんのりとした辛味がある、地元の特産のかぶを、少量の焼酎と砂糖、お酢で漬け、かつお節とポン酢をかけたもの。こちらの地方では、お茶受けとしてポピュラーだそうですが、とても美味しくて、食べた人が皆、「お土産に買い求めたい」と好評でした。
(ポンすけも何度もおかわりして食べていました。)

 *****

夕飯の前に、「ヴィラ船通山(せんつうざん)」の温泉に連れて行ってもらいました。
b0075888_15265417.jpg
こちらの温泉は、栃木県「喜連川温泉」、佐賀県「嬉野温泉」、と共に『日本三大美肌の湯』に選ばれる有名な温泉だそうです。
とろみのあるお湯で、外の景色も楽しめて、とてもくつろげました。
b0075888_1527252.jpg
夕食は、明治初期に建てられた古民家「暖々(だんだん)」で地元の方と一緒に食卓を囲みました。
地元のおかあさん達が、地元の食材をふんだんに使ったお料理を色々とたくさん用意してくださいました。
b0075888_15271194.jpg
特に、それぞれの食材を丁寧に下処理や煮炊きをして大皿に盛り合わせたものが美味しかったです。竹の皮に包んで焼いたお豆腐も風味や食感がよく、美味しかったです。
b0075888_1527193.jpg
奥出雲町に1つだけあるという酒蔵、簸上(ひかみ)清酒合名会社さんの「七冠馬」もいただきました。
お料理によく合う、とても美味しい日本酒でした。
美味しいお食事とお酒をいただきながら、奥出雲の暮らしやよさをたくさん聞かせていただきました。
皆さん、とても温かいお人柄で、初日にして、奥出雲町のファンになってしまった1日でした。
[PR]
by monsteracafe | 2011-11-25 23:23 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

行ってきます!

朝7:25、新神戸発、岡山行の新幹線(のぞみ95号)に乗ります。
b0075888_7361719.jpg
長女と2人で奥出雲への2泊3日の旅に出発です!
[PR]
by monsteracafe | 2011-11-25 07:36 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

奥出雲2泊3日お試し田舎暮らし体験

奥出雲ごこち」さんの企画で、「奥出雲2泊3日お試し田舎暮らし体験」モニターに選ばれ、明日からの3日間、旅行に出かけることになりました。
家族4人で自家用車で参加する予定でしたが、雄サンが仕事を休めなかったので、色々考えた結果、私とポンすけの2人だけで電車で参加することにしました。
b0075888_13313539.jpg
私がいない間の3日間、たいちゃんは金曜日⇒保育園、土曜日⇒パパとベビースイミング&自宅でのんびり、日曜日⇒義父宅訪問後、私の実家へ行って過ごし、夕方帰宅する私達と合流、という予定で過ごすことになりました。

ポンすけが1歳11ヶ月頃に、私が4日間出張で家を留守にしたことがあり、その時も「大丈夫だったから、今回も大丈夫やろ」と、雄サン。

少し心配ですが、折角の機会なので、初めてのポンすけとの2人の旅行を楽しんでこようと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2011-11-24 23:35 | おでかけ | Trackback | Comments(4)