「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

小学校の家庭訪問

今日の夕方、小学校の家庭訪問がありました。
午後から私が仕事を休んだので、ポンすけは学童をお休みし、小学校が終わるなり、同じマンションのお友達と元気に帰ってきました。

私は部屋を片付けたり、夕飯の支度をしながら、ポンすけは事前に「学童に行かないのなら、ママや先生の邪魔をしない」と約束したので、一人でピアノを弾いたり、工作をしたりして静かに遊んでいました。

担任の先生が来られる時間が近づくと、靴を履いてマンションの廊下やエレベーターまで出て行き、何度も先生を探しに行っていました。

我が家の訪問予定時刻は18時10分でしたが、各家庭でお話が弾んだのか、我が家に来られたのは20分くらい過ぎてからでした。
担任の先生は、慣れた様子で玄関先(ドアは閉め、我が家の玄関に立った状態で、こちらは廊下に立った状態)でお話されました。

内容は、親から見たポンすけの様子や性格と、学校での様子について。
私が伝えたポンすけの性格や特徴は、学校での彼女の様子、先生から見た特徴ともほぼ一致していて、安心したというか、やっぱりというか、そんな感じでした。

学校と関係ないけれど、彼女が「学校は楽しいけど、学童は行きたくない」と時々言っていることを話すと、「私からもまた本人やほかのご家庭、指導員さんなどにも聞いてみますね」と力強いお言葉をいただきました。

10分くらいだったと思いますが、入学式、授業参観、学級懇談会、家庭訪問…と、先生とお話しする機会が何度もあったので、先生の考え方なども知ることができ、安心して子どもを預けられるなぁと感じています。
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-30 23:54 | 小学校のこと | Trackback | Comments(4)

姉妹でおつかいへ

連休の中日、今日は家の片づけや掃除をしていました。

ポンすけ(5歳3か月)が「何かお手伝いする!」というので、「それなら、たいちゃんをお昼寝させてきてよ」と何気なく言うと、「それならおつかいに行く方がいいわ」と言うので、「えっ、ホントに行くの?」「うん、たいちゃんも連れて行ってくる!」「ねぇねぇと一緒に行く!」…と、姉妹でおつかいへ行くことになりました。

実はポンすけはずいぶん前(4歳1ヵ月)に1人でおつかいに行きましたが、それっきり。
もともと、怖がりで寂しがりなので、なかなか行きたがりませんでした。
(いまだに小学校や習い事など、お友達がいなければ、1人では行けません。)

2歳7ヵ月のたいちゃんにとっては、生まれて初めてのおつかいです。
彼女の方は、姉と一緒なので、全く不安はなさそうです。

2人に“おつかいで気をつけること”3つ、お金の払い方、行き方などを教えて、送り出しました。

2人で手を繋いで、一番最寄りのスーパーまで、食パンとチーズを買ってきてもらうおつかいです。
b0075888_315231.jpg
雄サンにこっそり後をつけてもらい、見守りがてら、写真を撮ってきてもらいました。
b0075888_10242272.jpg
しばらくして、無事に帰ってきた子ども達。
ポンすけも、妹が一緒で多少は心強かったようです。

「もっと行きたいわぁ〜!」と言うので、もう少し遠いスーパーにもチャレンジ。
今度は一時間くらいかけて、行って、無事帰ってきました。
(途中で心配になって、雄サンが見に行くと、途中の公園で遊んでいたそうです。たいちゃんが途中で疲れてしまい、考えたポンすけのアイデアだったようです。)

今日は家族みんなで買い物に行く予定でしたが、予定を変更して、彼女たちが買ってきてくれたものを活かして食事を作りました。
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-28 21:35 | 家族 | Trackback | Comments(6)

ポンすけ、進級カードをもらいました!

4〜6歳のコースのスイミング に通うのも、今月が最後。
来月からは、小学1・2年生のコース、平日に変更します。

ギリギリまで、ピアノの発表会を見に行っていましたが、そのまま家族みんなでポンすけ(6歳3か月)のスイミングを見に来ていました。

この日は、10級(ポンすけのみ)から13級までが一緒に習っていて、知っている子も多いようで、終始にこやかに、楽しそうに泳いでいました。

ヘルパー(浮き輪)を外しても、かなりクロールも背泳ぎもできていました。
フォームも以前に比べるとかなりきれいになってきました。

雄サンと「うまくなったねぇ」と話していたら、レッスンの最後にコーチから、進級カードをもらうところを目撃しました。
ポンすけが1年前に「一年生になるまでに、一桁の級になる!」と目標にしていたので、つい嬉しくて、家族みんなで「ヤッター!!」と喜んでしまいました。

進級テストは5/19とまだ先ですが、ヘルパーなしで25mの背泳ぎ(9級)に挑戦します。

*****

5月から、平日に学童からスイミングに通う予定でしたが、1人では不安だと話していたポンすけ。
スイミングの後、スイミングで仲良くなった女の子グループのお友達がみんなおなじ曜日に変更すると聞き、ポンすけもその曜日に変えることにしました。手数料を払いましたが、学童も同じ女の子がいて、その子と一緒に行くから大丈夫だと、ポンすけが言うので、ホッとしました。

無事に9級に合格したら、その後は、25mのクロール、平泳ぎ、バタフライ、50m背泳ぎ、クロール、平泳ぎ、バタフライ、個人メドレー(1級)と、ひたすら水泳のレッスンになります。

これ迄、スイミングを嫌がったり、辞めたいと言って泣いたこともありましたが、ここまで本当によく頑張ってきたと思います。
ぜひ、目標の1級まで、頑張って欲しいと思います。
(平泳ぎやバタフライは私は出来ないので、そのうちポンすけに教えてもらわなければ。)
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-27 22:06 | 子どもの習い事 | Trackback | Comments(0)

梅田に「グランフロント大阪」オープン!

2013年4月26日にJR大阪駅北側に開業する、商業施設「グランフロント大阪 ショップ&レストラン」(大阪市北区)の内覧会に行ってきました。

ショップ数は200以上。18時過ぎから21時までの間に見て回るのは大変!

レストランやカフェ、スイーツなどのお店はまた今度にして、私の好きなファッション、雑貨、文具、暮らし、キッズ関係などのお店を中心に見て回りました。

地下から入場して、まず目に留まったお店が、靴下やストッキング・タイツの老舗メーカー「福助」の新業態、「乙女福助」。
b0075888_323824.jpg
展示してあったストッキングとトレンカが気に入って、2足買いました。
オープン記念のノベルティ(ポーチ)もいただきました。

 *****

内覧会の招待状に入っていたショップリストの写真で気になっていた、キャンドルに使うガラス製のシェードの実物を、「キャンドルハウス青山」さんでチェックしました。

お店の方に伺うと、キャンドルにシェードを使うことで、安全性も高まり、芯のまわりの中心だけでなく、効率良く全体的に燃えていくので、最後まで使い切ることができるそう。
香りもよく広がるのだそうです。

あれこれ香りを選ぶのに迷いましたが、一番最初に素敵だと感じたマンゴーをメインにした香りのキャンドルとガラスのシンプルなシェードを買いました。
こちらでは、可愛いらしいりすの形をしたろうそくをノベルティでいただきました。

他にも何店舗かチェックして、買い物をして、閉店の21時前に帰りました。
写真やその他のお店については、後日、お伝えします。
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-24 23:42 | まちの風景 | Trackback | Comments(2)

2回目の「キッザニア甲子園」(その4)

劇場のお仕事の後、「ジューススタンド」も受付終了になってしまったので、宅急便のお仕事にチャレンジしました。(これも予約をして、それまでの間にパンを買って食べさせました。)
通常6人のところがスタッフの手違いで7人で取り組むことになりました。
制服に着替え、業務内容を確認。1階にある宅配センターから、2階のラジオ局まで、荷物の受け取りに子ども達だけで向かいます。
スタッフが着いていかないので、小さな男の子が途中で泣き出してしまいました。それを見たポンすけとそらちんちゃんは、男の子に話しかけたり、一緒に付き添ったりしていました。
b0075888_2525793.jpg
集荷した荷物の伝票を見て、今度は台車でこれまた2階の「出版社」へ届けます。これもスタッフが付き添うのは1階まで。最後は子ども達だけで届けに行き、伝票に受け取りのサインをもらい、控えを持ち帰ります。
見た目よりも、かなり難易度の高いお仕事で、見ていた私たちも、「これは妹たちが3歳になっても、難しそうだねぇ」と思いました。

気が付けば20時近く。いよいよ最後のおしごと選びです。
宅急便で届けた「出版社」で、マンガ家のお仕事ができることを知り、最後のお仕事を決めました。
b0075888_2545270.jpg
それぞれ4つくらいの中から、違う原稿を選び、真剣な表情で原稿にペンを入れていました。
最後は疲れたのと、思っていた以上に難しかったのと、次にすることが分からなくなり、ポンすけは手を止めてしまいましたが、自分で手を入れた原稿を含むオリジナルの冊子に製本してもらい、持ち帰ることができました。

最後に、手持ちのお金をすべて銀行に預け(半年毎に利息が増えるので預金するのがベスト)、
b0075888_256046.jpg
食べる時間がなかったパンを食べ、クロネコヤマトの制服姿の自分の写真を購入し(1枚千円)、21時半過ぎに「一緒に夜ご飯を食べて帰りたい~!」と言って親を驚かせながら、うちへ帰りました。

帰る途中でも色々な話をしながら仲良しの2人。保育園では5年間一緒で、この春から別々の小学校に進学しましたが、相変わらずの仲良しぶりで、見ていて微笑ましい限りでした。
「また一緒に行こうね」「また遊ぼうね」と約束して、別れました。

帰宅してからも、たいちゃんと2人で先に寝ていた雄サンを起こし、持ち帰ったものを見せながら、「パパ、あのね、このお仕事をしてね…」と、あれこれ話していたポンすけでした。
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-24 22:25 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

2回目の「キッザニア甲子園」(その3)

続いて、「ソフトクリームショップ」と「ジューススタンド」のエリアに向かったのですが、、「ソフトクリームショップ」は既に受付終了。「ジューススタンド」もまた少し先の時間での予約となりました。
ところが、途中で声をかけられて気になっていた、劇場での「エンターテイナー」のお仕事ともバッティングしていて、どちらかを選ぶことに。
2人で話し合って、「ジューススタンド」の予約をキャンセルして、劇場のお仕事にチャレンジすることになりました。

お仕事についてのお話を聞いたあと、劇場のステージで、ハンドベルのような音が出る楽器(トーンチャイム)を使って、「きらきら星」、「イッツアスモールワールド」の2曲を練習。
ポンすけは、「ソ」と「ラ」の2つを担当し、うまく音が鳴らせていました。

しばらくして、本番開始。私とosoraeさんはもちろん客席でステージを見守りましたが、ほかにもちらほらお客さんの姿が。
b0075888_172842.jpg
「キッザニア」のキャラクターであるウルバノも来てくれました。

本番では、本番用の衣装を着て、ステージに登場しました。
b0075888_10402892.jpg
2人とも、とってもかわいくて、よく似合っていました。
b0075888_10372329.jpg
出番は音楽演奏だけかと思ったら、別のお子さん達のクラウン(手品など)の後、再び違う衣装を着て登場。
b0075888_10404092.jpg
ヘッド用のマイクを着けたポンすけはステージの中央で朗読、そらちんちゃんはパネルを使って虹やハートなどを形作る演出を担当。
朗読後は、スタッフと共に、踊るように舞台から離れていきました。

さらに最後には出演者全員で「キッザニア」の歌に合わせて踊り、
b0075888_1742760.jpg
見事、みんなで「お客様を楽しませる、元気にする」仕事をやり終えた、子ども達。最後の舞台挨拶では、にこやかな笑顔を見せて、拍手に応えていました。
歌もダンスも好きだけれど、人前で目立つことがあまり好きではない2人が、小学生になったせいか、仲良しの2人で取り組んだせいか、スタッフの方々のフォローのおかげか…とても素敵な姿を見ることができました。

このプログラムの様子は、2部終了30分前にDVDで持ち帰ることができます。ビデオは持たずに行きましたが、思いがけない思い出の記録と、家族へのお土産が出来て、私も嬉しかったです。

その4
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-24 06:10 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

2回目の「キッザニア甲子園」(その2)

続いて、「エコバッグショップ」でエコバッグが作りたくなり、並んでいたので17時半からを予約。
その間、ほかのお仕事をしようと、「ジュースやさん」、「デパート(店員)」、「電車(車掌さん)」などを回ったのですが、どれも空いているのは同じく17時半からで予約が取れません。
「何にもおしごとできへん~!」と泣きそうになったところで、短時間でアルバイトができることを知り、早速、テレビ局でアルバイトのお仕事をもらってきた2人。
b0075888_16591831.jpg
内容は、テレビ番組のネタにするためのクイズを、街頭調査によって回答(9人分)を集めてくる、というもの。
どちらかといえば、あまり積極的ではない子ども達2人。“大丈夫なの?”と思いましたが、本人達は「やってみる!」と頑張ろうとしています。
“どうするのだろう…”と少し心配しながら見守っていたところ、私たち母親2人を練習台にして、自信をつけたのか、次々とパビリオン周辺で立っている保護者に声をかけていき、
b0075888_16594487.jpg
パーク内を1周、見事9人分のアンケートを集めて、報告できました。
アルバイトでは制服が着られませんが、ちゃんとお給料はもらえるので、キッゾをもらって嬉しそうな2人。
「難しかったですか?」というスタッフの質問にも、「簡単でした!」と笑顔で答えていました。

もらったお給料やこれまでに貯めていたキッゾ(2人ともキッザニアは2度目)を手に、デパートへ行って、お買いもの。
…だったのですが、どの商品もあまりに高くて手が届かず、驚いた2人。
「そんなに簡単にお金がもらえて、簡単にモノは買えないんだよ」と話すと、納得した様子で、お互いの手持ちの60キッゾで買えるクリップをお揃いで買っていました。

そうこうしているうちに時間になり、「エコバッグショップ」へ。ここでは、リサイクルの仕組みや大切さなどの話を聞きながら、オリジナルのエコバッグを作ります。
b0075888_170417.jpg
ここでも2人お揃いの色&デザインで作ったエコバッグと、次回からエコバッグ持参でデパートでお買い物をするとスタンプがもらえるカードをもらいました。
(スタンプ2個集めると、今度はエコバッグをキラキラ仕様にできるとか。よく考えられています。)

その3
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-23 23:10 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

2回目の「キッザニア甲子園」(その1)

昨日、お友達のosoraeさん・そらちんちゃん親子とポンすけと私の4人で、事前予約をしておいた「キッザニア甲子園」の平日2部(16時~21時)に行ってきました。

午前中だけ職場に行き、お昼ご飯も食べずに急いで帰宅しました。15分ほどすると、玄関のインターホンが鳴り、「ただいま~!!」と元気なポンすけが帰ってきました。
小学校入学以来、小学校の授業が終わると、学童へ行っていたので、まっすぐ自宅に帰ってくるのはこの日が初めて。
同じマンションに住むお友達と先週から相談をしていて、3~4人で一緒に帰ってきたのだそうです。

初めての宿題(自分の名前をひらがなで書く)を済ませ、翌日の準備をしてから、電車で「キッザニア甲子園」に向かいました。

 *****

到着したのは15時過ぎでしたが、既に当日の整理券などで並んでいる人がいて、入場できたのは16時少し前。(「新入園・新入学ご招待キャンペーン」の実施日だったので、最終的に来場者が増えたようです。)
既に、入場ゲートに「お菓子工場」、「おすしやさん」、「バウムクーヘンショップ」は受付終了の貼り紙が。
子ども達は希望を変更し、2階の「ピザやさん」を目指したのですが、残念ながら、こちらも彼女達のわずか2組前で平日2部全部の受付予約が終了してしまいました。

そこで、子ども達が選んだのは、自動車の運転免許教習場(身長110㎝以上のお子様が対象)。
2回目の回で、交通ルールに関する講義とペーパー試験を受け、写真入りの運転免許証を作ってもらってきました。
その2に続く)
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-23 05:48 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

1年生になって。

1年生になって、10日ちょっとが過ぎました。
b0075888_1784215.jpg
学校での目標の1つが、「自分のことは、自分でする」。

いきなり全部はできませんが、学校でも、自宅でも、少しずつ、自分ですること、自分たちで取り組むことが増えています。

例えば、学校では、給食の配膳や掃除は、今までずっと6年生がお手伝いしてくれていたそうです。
これから少しずつ、1年生だけでできるように、練習していくのだそうです。

自宅では、前の日の晩に、ポンすけと私とで一緒にチェックしながら、翌日の持ちものや着ていく服装などの準備をしています。
ポンすけは、前日の夜、そして翌朝の2回は必ずチェックをするので、忘れ物などは比較的少ないようです。
(入学してから、忘れ物は、学童にペンを1本、ノートを1冊おいてきてしまった程度。)

でも、親や大人と離れて行動するのは、まだまだ怖い様子。
そのくせ、休日には、親とは別に、自分は自転車(コマなし)に乗って、移動するのが大好きです。
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-22 23:08 | 小学校のこと | Trackback | Comments(0)

絵本「からすのパンやさん」の続編4冊

私が子どもの頃、大好きだった絵本の1つ、「からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))」。
ポンすけにもプレゼントして、何度も読んであげているお気に入りの絵本の1つです。

この名作が読み継がれて40年、今年、なんと続編が4冊も出版されるそうです。

「からすのパンやさん」の子ども達4羽それぞれが、立派に大きくなり、それぞれの食べ物に関係するお店を開くまでのお話だそうです。
子ども達に話すと、「読んでみたい!!」と言うので、現在出版されている2冊(「からすのおかしやさん (かこさとしおはなしのほん)」、
b0075888_9205634.jpg
からすのやおやさん (かこさとしおはなしのほん)」を購入してみました。。

b0075888_921173.jpg
からすのてんぷらやさん (かこさとしおはなしのほん)」、
b0075888_9213218.jpg
からすのそばやさん (かこさとしおはなしのほん)
b0075888_9215827.jpg
は5月に出版予定だそうです。

早速、自宅で子ども達に読み聞かせ。
続編4冊は、それぞれ時系列でつながっているお話のようなので、「からすのおかしやさん」から読んでみました。

「からすのパンやさん」の4人のきょうだい(兄、姉、妹、弟?)たちが、それぞれ自分の力で新しい仕事をはじめ、しかも、パートナーを見つけて結婚するというお話のようです。

「おかしやさん」にも「やおやさん」にも、「からすのパンやさん」のように、おいしそうな食べ物の絵がたくさん出てきます。

たまたま実家で母にも見せる機会があり、母もこの懐かしい絵本のことをよく覚えていて、続編を楽しそうに見ていました。

作者のかこさとしさんは、現在87歳。
こうして変わらぬスタイルで、続きのお話が読めることを、本当にうれしく思います。
来月の2冊も楽しみです。

ほかにも、「どろぼうがっこう」「かこさとしおはなしのほん」シリーズとして、つづきのおはなしが全10巻刊行されるそうです。
(「とんぼのうんどうかい」や「おたまじゃくしの101ちゃん」などでしょうか?楽しみです。
[PR]
by monsteracafe | 2013-04-21 22:56 | お気に入り | Trackback | Comments(4)