タグ:コスメ ( 226 ) タグの人気記事

義母の美肌の秘密

70代になっても、白くてつや・張りのある肌を維持している義母。
一昨年の春に大きな手術をして一時期げっそりと痩せてしまいましたが、顔は以前とあまり変わらないようです。

先日、お味噌づくりを手伝いに雄サンの実家へ行ったとき、義母が70代になっても美肌を維持している秘訣を教えてくれました。

それは、洗顔をした後に、冷たい水で顔をよくすすぐこと、でした。
冬でも、お風呂上がりでも、冷たい水で20回くらい、肌がひんやりと冷たく、引き締まってくるくらいするのがいいそうです。

この後に、化粧水や美容液などで保湿をします。

この方法を何十年も続けてきた義母、
「悪いことは言わんから、どんなに忙しくってもこれだけは騙されたと思ってやっとき」
と言っていました。

私も年齢を重ねても義母のような美しい肌でいられるように、せっかく教えてもらったこの方法、できるだけ毎日、心がけるようにしています。
[PR]
by monsteracafe | 2008-03-05 22:26 | Beauty | Trackback | Comments(0)

メイベリンの新商品

季節の変わり目が近づくと、新しいコスメが欲しくなります。
私の場合、毎年、花粉症に悩まされながらも、何か季節感を感じるアイテムや新商品はないかな、とお店をのぞいたりします。

中でも、口紅やアイシャドー、マスカラなど、色もののコスメをよく利用しているのが、
メイベリン」。
お値段もお手頃で、発色や品質なども気に入っています。

メイベリンの口紅、「ウォーターシャイニーシリーズ」の中でも、特に気になっているアイテムが、最近リニューアルされた、コラーゲン配合の新作ルージュ「ウォーター シャイニー ボリューミー」。

つややかに、潤いも与えてくれる、唇が乾燥しやすいには嬉しいアイテムです。

色は、オフィスで使いやすい、ベーシックな色みもいいですが、少しPOPな明るいピンクやオレンジ系の口紅も、春に向けて挑戦してみたい色です。

 *****

冬から春にかけては、20年来の花粉症暦を持つ私にとっては、肌も荒れやすく、乾燥や紫外線などのトラブルも多い季節です。

ファンデーションがなくても、素肌でもきれいなのが一番の理想ですが、オフィスで素っぴん・・・というわけにもいかず、ファンデーションも季節に応じて、使い分けたりしています。
(季節によって、リキッドファンデーションだったり、パウダータイプだったりします。)

少しでも肌をきれいに、いきいきと見せたい、と女性なら誰でも思うことだと思いますが、やっぱり素肌の状態を良くすること、そして、合う化粧品やファンデーション、パウダーなどを選ぶことが一番だと思います。

日本人女性のために開発されたという、「エンジェルフィット」、こちらも店頭で口紅を見るときにあわせてチェックしてみたいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2008-02-27 22:30 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

時々、目を洗いましょう

以前、友人から借りた、佐伯チズさんの本の中に書かれていた、衝撃的なことが書いてあります。
それは、「アイメイクをする人は、定期的に目を洗いましょう」という教え。

マスカラやアイシャドーなどを使っている人の目は、まばたきをしたりして日々過ごしている間に、目の中に汚れが溜まっていっている(!)のだそうです。

・・・ガーン!!!
・・・・・・と、ショックを受けました。

確かに、花粉症の私は、花粉の時期など、目に異物感を感じることが多く、よく目を洗っていました。
アイシャドーやマスカラだって、目にとったら同じ“異物”なのかもしれません。

この事実に気づかされて以来、「アイボン」などの洗眼剤を使って、時々、目を洗うことにしています。
[PR]
by monsteracafe | 2007-12-03 22:20 | Health | Trackback | Comments(0)

『ARUM de DAUM』の美肌石けん

妊娠中や産後、特に気をつけていた肌の手入れでしたが、2月から3月にかけて、毎年花粉症のせいで肌も荒れ気味になってしまいました。
また、年齢のせいか、ここ数年は肌のベタつきよりも肌の乾燥が気になります。

ちょうど使っていた石鹸が切れたところだったので、この機会に気になっていた商品を試してみることにしました。
中国古来の「医食同源」の考え方に、韓国独自の薬草学などを加えた薬・医学の考え方で作られた「韓方(はんばん)化粧品」です。
韓国語で「美しさ」を意味する石鹸専門店、「ARUM de DAUM(アルム・ド・ダウム)」の期間限定のソープお試しセットです。
日本と同じように四季がある韓国の、気温変化や湿度の変化に負けない元気な素肌美を目指した石鹸です。
敏感肌・乾燥肌の私は、紺色の巾着ポーチに肌質に合った石鹸(各10g)5種類が入ったお試しセットを選んでみました。
b0075888_2051344.jpg

届いてみて思ったのは、色がキレイ!
クロレラの緑、サンファンというきのこの茶色、黄土の紅茶色、山羊のミルク、月見草の微妙に明るさの違う透明な生成り色・・・
日本人の肌にも合う、韓国の伝承植物を配合した、合成着色料・保存料を使っていない無添加石鹸です。
それぞれに効果が違うのですが、どれから使ってみようか迷ってしまいます。

迷った結果、今の肌の問題を最も解決してくれそうな、「センシティブ(月見草)」を使い、泡立てネットを使ってたっぷりと白い泡をたてて洗ってみました。
匂いは自然な感じでしたし、洗いあがりはサッパリしていて、時間が経っても気になる肌の乾燥がマシになったように感じました。

各種の美容セミナーなどに参加しても、まず大事だと言われるのが「洗顔」。
よごれは落としながらも、肌にとって必要なものまで奪わないよう、肌本来の自然な力を回復させることから、もう一度見直してみようと思います。

お店のサイトでは、簡単なチャート式の肌診断ができるので、自分に合った石けんが選べます。
今まではネット販売のみでしたが、3月中旬に、東京・恵比寿に直販店の店舗がオープンしたそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2007-03-27 20:52 | Health | Trackback | Comments(0)

産後の美容、あれこれ

出産後の私の最大の関心事は、もちろんポンすけを迎えた3人での新しい生活ですが、一方で自分自身の体の回復も重要事項です。

特に、我が家では、雄サンが育児休暇を取得して育児に専念し、私が産後8週間で職場に復帰して働き、1家3人が生活していかなければならないので、私の体の回復は我が家の経済事情にとっても重要事項なのです。

今はまだ産褥期なので、無理はしないようにしていますが、性格上、今から始められることはやっておきたい。

 *****

一つは、美肌づくり。
ママにはなったけれど、育児に疲れきった顔はしたくないし、いつまでも瑞々しく元気な女性でいたいもの。

今までは手入れもせずに寝てしまったこともあったけれど、ポンすけが寝入ったわずかな時間を利用して、お手入れに励むことにしました。
・・・といっても、本来根がズボラなので、特別なことはしません。

朝・晩の洗顔後、いつもの化粧水で肌を整えた後に、美容液をつけるだけ。
今使っているのは、「ソワ ピクノプリュス」という製品。
b0075888_1043228.jpg

1回で使用する量は、パール1~2粒程度、とごくわずかです。
b0075888_10412472.jpg

少し見づらいかもしれませんが、余裕があれば引き締めマッサージをしながらつけます。
伸びも良く、ベトつかず、つけた後は肌がふっくら・さらさらした感じ。

商品名にもなっている、「ピクノジェノール」とは、最近流行りの新・アンチエイジング成分なのだそう。
肌のハリが年齢と共に失われるのは、紫外線や老化(錆び)によって増えすぎた活性酸素が原因なのだとか。ピクノジェノールは、この活性酸素の増加を抑制し、シワやタルミを予防する抗酸化成分なのだそうです。

 *****

もう一つは、体型を妊娠前に戻すこと。

出産して、体重は5~6キロ落ちましたが、お腹の赤ちゃんを守るためか、やはり全身にお肉がたっぷりとついていたようです。
インナー売り場の店員さんや、クリニックの助産師さんによると、出産してから半年ほどは、体が柔らかく、体自身も元に戻ろうとするため、一番痩せやすい時期なのだとか。
これはチャンス!です。

数年前に出産し、その後もスリムな体型を維持している友人から聞いたのですが、唯一後悔しているのが、「骨盤の戻り」だったそう。
出産で大きく開いてしまった骨盤は、産後すぐから1ヶ月くらいまでが元に戻すチャンスなのだそう。
骨盤をきちんと締めなおせば、子宮の戻りも良く、骨盤も歪まなくて済むのだそう。

結局、何を使えばいいのかわからず、入院中に助産師さんに相談して、入院中は腹帯(さらし)を巻き、退院後に補正下着を購入して使うことにしました。

今使っているのは、ワコールの「バーシングスムーザー」です。
ベルトタイプなので、私のようなズボラさんにも簡単で締めやすく、かつ強力です。
効果は、1晩、締めて寝ただけでも、翌日、服のサイズが変わってくるほどでした。
(これは、産後の体だからですが・・・)

助産師さんによると、最初の1ヶ月は骨盤をしっかりと元に戻し、次の2ヶ月目から6ヶ月目までは、ガードルタイプのものでウエストや腰周りを締めていけばいいのだそう。

それに、出産を経験した友人達によると、一番いいのはなんといっても授乳することなのだそうです。
授乳を続けていれば、自然に体重が落ちていくのだとか。
(中には、妊娠前よりも減ってしまった人も。)

とにかく、無理せず、出来ることから地道に続けていこうと思います!
[PR]
by monsteracafe | 2007-01-22 11:00 | Health | Trackback | Comments(11)

資生堂の美容&メイクセミナー

ランチのあと、大阪市役所の近くにある資生堂で開催された美容セミナーに参加してきました。
今日は、資生堂の「マキアージュ」のシリーズを使いました。
b0075888_862070.jpg

セミナーのテーマは、「美しい肌」。
美しい肌を決めるのは、肌表面の「角質層」です。
「角質層」を清潔にし、育み、健やかに整えて様々な悪影響から守る働きをする基礎化粧品を使って、メイクを落として、基礎化粧品で肌を整えるところからのスタート。

いつもはチャチャッっといい加減にメイク落としや洗顔をして、下手したら何もしないで寝てしまうこともある私(苦笑)なのですが、久しぶりにじっくりと時間をかけて一つ一つの作業をしながら丁寧に自分の肌と向き合うことができました。

化粧水は乾燥しやすい目や口のまわりにもたっぷりと水分を与えるため、手ではなく、コットンに含ませて与えるのがいいのだとか。
乳液やクリーム(夜)も同じようにコットンで、思ったよりもたっぷりと使います。
最後に収斂用化粧水をコットンに含ませて、肌に風を送るようにパッティングしていくと、さっぱり・すっきりします。
ここまでしっかりと丁寧にお手入れすれば、肌はしっとりとして、ファンデーションのノリも良くなりそうです。
b0075888_8746.jpg

あとは、マキアージュの新商品を試しがてら、セミナーの講師やモデルさんのやり方を見ながら自分でメイクをしていきます。
テーブルにも美容部員さんがついてくれるので、質問があればその都度聞くことができます。

ファンデーションの選び方は、顔の頬のあたりで、顔の色と首の色を見ながら探すといいそうです。
手の甲で比べると、顔の色と変わってしまうので、お勧めできないそう。
b0075888_871845.jpg

メイクが終わって、お土産をいただいて解散です。
たっぷり2時間の講習で、ちょっぴり綺麗になれた感じです。
[PR]
by monsteracafe | 2006-10-14 23:15 | Beauty | Trackback | Comments(4)