タグ:育児 ( 2080 ) タグの人気記事

初「ギョサン」‼

ポンすけが学校やスイミングで使う水泳用のサンダル(「ギョサン キッズ 18~21cm)を探していたところ、
b0075888_1664228.jpg
見つけたのが、
ギョサン レディース」。

Wikipediaによると、「ギョサン」とは、安価な一体整形の樹脂製ビーチサンダルに対する小笠原諸島独自の呼称。
名前の由来は「漁業(従事者の履く)サンダル」や「漁協(で売っている)サンダル」の略なんだそうです。

 *****

POPなカラーやクリアカラーなど、色は豊富で全39色。
サイズ展開はM~LL。
私は普段S(22.5~23cm)をよく履いていますが、Mサイズでも大丈夫でした。
b0075888_9141072.jpg
鼻緒タイプですが、靴擦れもせず、近所履きにピッタリでした。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-27 05:53 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

親子2代で愛用している参考書、「自由自在」シリーズ

昨年(小3)あたりから、ポンすけのお友達の何人かが塾に通い始め、それを少し気にしている様子のポンすけ。

我が家では、中学受験は考えておらず、小学生の間は、勉強は学校の授業にきちんとついていけていれば、他のこと(水泳、ピアノ、習字、ダンス、作文、読書など)をしっかりと頑張ってもらいたいという方針です。

ただ、本人が「夏休みなど、時間があるときにもっと勉強を頑張りたい。」というので、学童保育所で取り組むドリルのほかに、もう1冊、参考書を買い与えることにしました。

 *****

思い返せば、私が小5の頃、担任の先生から「自由勉強」ということで教えてもらった勉強法がありました。
当時、クラスで統一の基本の宿題のほかに、自分の意思で取り組む「自由勉強ノート」に好きな科目のことを好きなだけ自分で勉強する、という宿題がありました。

私は先生から「自由自在」という参考書を教えてもらい、国語・算数・理科・社会、その日の気分で好きな科目を選び、”本の内容をノートに書き写す”ことから始めました。

当時、それを見ていた母からは、「(カラフルに色を使って書き写したノートが)キレイ過ぎて勉強しているようには見えない」と言われたこともありましたが、今思えば、たとえ書き写すことに熱中していたとしても、30分でも机に向かっていたことが、自分で学ぶ私の第一歩だったのではないかと思います。

 *****

先日、ポンすけと2人で書店に行き、色々なドリルや参考書を見比べた上で、彼女が一番苦手意識を持っている理科の「小学3・4年 理科 自由自在」を1冊、買ってきました。
b0075888_10345817.jpg
あわせて、100円ショップで2本の蛍光ペン(ピンク、黄色の2色が1本になった「スポットライターVW 黄&ピンク SVW15SLYP」)と、赤い文字が見えなくなるシート(ゼブラ チェックシート 赤)を買ってきて、さっそくポンすけと一緒に本を開いてみました。
b0075888_18503516.jpg
塾と同じで、まだ学校で習っていなくても構わないので、好きなテーマから読み始め、
・初めて聞いた言葉や重要な用語にピンクでマーカーを引く
・大事だと思う説明部分に黄色でマーカーを引く
というルールだけを決めて、読ませるようにしました。

テーマの後半には、まとめの問題があるので、解いた後、赤で解答を書き込み、チェックシートを使って何度でも使えるようにもしました。

以来、空き時間を見つけては、この本を持ってきて開くようになりました。
外には持ち出さず、家で空き時間に開くことで、1年間で1冊、やり終えるのが目標なんだそうです。

5・6年用と比べ、文字も大き目で余白も多く、”難しそう!”という印象が薄まっており、初めて使う参考書としては良かったと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-25 05:56 | 小学校のこと | Trackback | Comments(0)

たいちゃん、50m泳げました!

今日はスイミングの月1回の進級テストでした。

たいちゃんは、25mクロール+25m背泳ぎの50mの往復にチャレンジしました。

前回は溺れるように(!)泳いでいましたが、今日は安定感があり、ちゃんと泳ぎきることができました。
b0075888_1093464.jpg
無事、レベル13のワッペンをもらうことができました。

来週からは、4泳法の3種目目、平泳ぎの練習に入るそうです。

※ちなみに、肩からかけているのは、この夏、新しく買ってもらったスイミング用のバッグ。
 (adidas 水泳用 ボストンバッグ
 ポンすけのアドバイスもあり、小学校に入ってからも使えるようなサイズ、デザイン、形にしました。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-24 11:30 | 子どもの習い事 | Trackback | Comments(0)

イベントでダンスを披露しました。

芦屋サマーカーニバルのステージで、ダンススタジオ合同でダンスを披露しました。

出演が決まったのが、2カ月前!!
ディズニーライブの本番が終わった後くらいでした。

そこから通常レッスンに加え、休日の合同特別レッスンを重ねて、急いで仕上げ、今日の本番を迎えました。
b0075888_831762.jpg
今回の曲は、おもちゃ箱から魔法にかけられたおもちゃが飛び出して、踊りだしたような感じ。
b0075888_832342.jpg
たいちゃんとお友達が踊るパートと、お姉さん達のパート、一緒に踊るパートなどがうまく組み合わされた振付を先生が考えてくださって、
b0075888_833081.jpg
今までの練習以上の出来で、6人全員で息の合ったダンスを見せてくれました。

ちなみに、今回の衣装は保護者の手作り。
全員がバラバラのカラフルな衣装にしてほしいということで、姉妹で参加している我が家は衣装の調達から苦労しました。

店舗やインターネット通販で2人分の衣装を調達し、造花やポンポンを縫い付けたりして、仕上げました。

屋外のステージだったので、ピエロっぽいメイクも少ししました。
(ポンすけは、頬にキラキラを貼りつけました☆)

 *****

全てのクラスのダンスが終わった後、フィナーレとして全員で踊りました。
b0075888_833753.jpg
ステージが小さかったので、前列の子ども達は急きょステージ下の芝生に降りて踊りましたが、迫力満点で見応えがありました。
b0075888_834322.jpg
炎天下、屋外ステージで出演した子ども達も大変だったと思いますが、観ている親たちも野外フェスに参加しているような大変さでした。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-23 23:22 | 子どもの習い事 | Trackback | Comments(0)

「創の書デザイン大賞コンクール」

「デザイン都市・神戸」にちなんだ企画として、今年のテーマである「すすむ」の文字をデザインした書の創作を公募した、第6回「創の書デザイン大賞コンクール」に、ポンすけの作品が選ばれました。
b0075888_6513251.jpg
ポンすけの作品(3年生の時に制作したもの)が、「創の書デザイン大賞コンクール」応募作品11,029点から第1次審査通過の500点に選ばれたそうで、神戸市役所2階の市民ギャラリーで展示されていました。
b0075888_652872.jpg
期待と不安を胸に、前へ進み続ける子どもらしいキラキラ輝いた字になっていると思います。
b0075888_6521717.jpg
同じテーマでも、様々な表現があって、楽しい展示でした。
b0075888_6554590.jpg

[PR]
by monsteracafe | 2016-07-22 23:06 | 小学校のこと | Trackback | Comments(0)

表彰状の保管に・・・「がんばったファイル」

我が家では、子ども達の表彰状や記録証(主に水泳のタイムなど)を保管するために、
サクラクレパスさんの「がんばったファイル
を使っています。
(ポンすけは緑色、たいちゃんはピンク色を使っています。)
b0075888_9184089.jpg
見開きで大きな表彰状も折らずに入れることができ、中の蛇腹式のファイルは学年毎などで分けて入れることもできます。
b0075888_9184924.jpg
ポンすけの場合、水泳、書道、ピアノ、作文等のジャンル毎に分けて整理しています。

トロフィーや額に入った表彰状などは、一部リビングやお部屋に飾っていますが、去年以前のものは基本的にこのファイルに入れるようにしています。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-21 06:18 | 小学校のこと | Trackback | Comments(0)

鍵を持たせることにしました。

低学年の頃は、一人でお留守番したり、一人で出歩いたりすることに対して、かなりの”拒否反応”を見せていたポンすけでしたが、私が早めに帰宅できる時は、マンションのオートロックをエントランスで解除してから帰宅させたり、何度か試しに自宅の鍵をポンすけに持たせたりして、練習を重ねていき、3年生の後半頃からは、学童保育所のお友達と一緒に集団で帰宅したり、学校から直接帰宅したりできるようになってきました。

そこで、4年生の夏休みから、ポンすけにも自宅の鍵を持たせることに決めました。
慎重派の彼女ですから、鍵の重要性(=もしも紛失してしまったら、とても困ること)については、よく理解していると思います。
b0075888_166937.jpg
親が働いていなくても、鍵を持っている小学生は多いと思いますが、家庭や子どもの個性によって、鍵を持たせる時期は違うのではないかと思います。

妹のたいちゃんの方は、来年小学校に入学してから、またじっくりと考えたいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-20 06:33 | 学童のこと | Trackback | Comments(0)

「デカパトス」に行ってきました。

保育園のお友達と一緒に、今年初めての「デカパトス」に行ってきました。
b0075888_924677.jpg
お父さん2人が朝から並んでくれたおかげで、常設テント下の一角をおさえることができました。

我が家はたいちゃんとポンすけの3人で朝から参加しました。
だんだんお友達ファミリーも集まってきて、最終的には12家族が集まりました。

去年までは浮き輪を手放さなかったたいちゃんが、昔のポンすけのように、自ら顔を水につけて、スイスイ泳いでいる姿に成長を感じました。
お友達もみんな泳ぐのが上手になっていました。
(ポンすけの方が途中でプールからあがり、先に着替えていたのにも驚きました。去年まではオープンから閉園間際まで水に浸かっている子どもだったのに…)

夕方まで、お友達と一緒に楽しく過ごしました。
(同級生がいなかったポンすけも、「意外と楽しく遊べた」んだそうです。)

いい夏の思い出ができました。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-18 22:26 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

たいちゃん、初めてのピアノのコンクール

たいちゃん(5歳・年長)が初めてピアノのコンクール(神戸予選)に出場しました。

昨年、姉がコンクールに出場したのを見て、「来年は私も参加する!」と言ったのが、彼女がピアノを習い始めるきっかけでした。

今年は「水泳を頑張りたいから、コンクールには出ない」ことを決めた姉に対して、当然のように参加を決めた、たいちゃん。
ほとんど練習しているようには見えないのですが、本人は「金賞(1位)を取りたい!」と、相変わらずのビッグマウスで、意欲だけは十分に見せていました。
(ちゃんと練習していても、本番直前までドキドキしてしまう心配性の姉とは正反対の性格です。)

 *****

保育園のお泊まり保育の後、急いでコンクール会場へ向かいました。

今まで姉の様子を見てきたのと、何度か来たことのある会場なので、あまり緊張した様子も見せず、本番を迎えた、たいちゃん。

堂々とした態度で、ミスもなく、弾けていました。
本人も、終わってから、「いつもの練習よりも上手く弾けた!」と喜んでいました。

 *****

昼食後、結果発表がありました。

早々に「準優秀賞」で名前を呼ばれ、複雑な表情でステージにあがっていきました。
保育園のお友達は「銅賞(3位)」を受賞していました。

ステージから戻ってきたたいちゃんがどんな反応をするのだろうと思って迎えに行くと、私の顔を見るなり、泣き出しました。

なだめてくださった先生の顔もまともに見られないほど、悔しくて涙が止まらなかった、たいちゃん。
b0075888_8302393.jpg
親やポンすけから見ると、あまりちゃんと練習していなかったので(ポンすけはもっと練習していました。)、妥当な結果だと思っていますが、本人は納得できなかったようです。

悔し涙を流せるほど、たいちゃんも大きくなったんだなぁと成長を感じました。
12月の神戸本選には出場できるので、それまでに本人がどのように変わるのか、それが一番大事だと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-16 15:30 | 子どもの習い事 | Trackback | Comments(0)

USJの「15周年お子様無料キャンペーン」

最近テレビCMでよく見るのですが、USJでは、夏休み期間中(7/16~9/4まで)、
15周年お子様無料キャンペーン」を実施するそうです。
b0075888_8555615.jpg
関西2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)に在住の大人1名につき同伴の子ども1名が無料になるというキャンペーン。
b0075888_8561071.jpg
※チケットブースでのご購入および引換え時に、関西在住であることを証明する公的書類または身分証明書が必要なようです。

子ども達も行きたがっているので、久しぶりに連れて行ってあげようかなぁと考えているところです。
(特にミニオンの「クールタイム」と「ウォーター・リ・ボーン・パーティ」が気になっています。)
[PR]
by monsteracafe | 2016-07-14 06:30 | おでかけ | Trackback | Comments(0)