「第九」本番

母校の創立110周年を記念して「第九」を歌おうということで、OB合唱団が結成され、5月から練習を続けてきましたが、今日、神戸文化ホール大ホールで本番を迎えました。

最高齢(多分75歳くらい)の大先輩から、今年高校を卒業したばかりの子たちまで、3世代にわたる140名以上が歌い手として参加しました。
高校時代、歌の指揮や指導をしてくれた恩師達も加わって下さいました。
(同じステージに立って歌うのは初めてです。)

弦楽部・吹奏楽部のOBで結成されたオーケストラの演奏のあと、休憩をはさんで、いよいよベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱つき」(「第九」の正式名称です)です。

私達合唱の歌い手とソリストは、第3楽章の頭からステージにあがります。
第3楽章と第4楽章の最初の部分までをステージに備え付けられた長椅子に座って待ちます。
写真はリハーサルのときのものです。
b0075888_2023173.jpg

客席にはたくさんのお客様が聴きにきてくださっていて、久しぶりのステージにわくわくしました。

私の場合、(妊婦なので)途中で気分が悪くなってしまって退場、というのを一番恐れていたのですが、本番はとても楽しく爽快に歌うことができました。
練習やリハーサルでは長く感じられたのですが、いざ本番になると、歌っているうちにあっという間に歌い終えてしまいました。
歌い終えた後、お客様が長い間拍手をしてくれて、とても嬉しかったです。

おなかの赤ちゃんと一緒に歌ったのも初めての経験でしたが、学生時代バスケ部だった雄サンはステージで歌うこと自体が初めてだったそうで、私も彼と一緒に同じステージに立って歌えたことはいい記念になりました。
[PR]
by monsteracafe | 2006-09-17 20:00 | refreshのために | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : https://monstera.exblog.jp/tb/5709403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まままや at 2006-09-18 20:59 x
舞台出演、おめでとうございます。
赤ちゃんとの舞台、きっと、赤ちゃんも心地よかったのでは?
私もまた、歌いたくなってきました。
Commented by あやあや at 2006-09-18 23:42 x
本当に素敵な演奏会でした。
無理を言ってチケットを送って頂いてよかったです!!

あの迫力、おなかの赤ちゃんにはどのように伝わってたんでしょうねぇ。

雄さんも一緒にステージにいらっしゃったんですね!!
とてもいい記念になりましたね~。
Commented by はる at 2006-09-19 09:05 x
団結力のあるOB、OGなんですね。素敵だな~と思います。
私もみてみたかった☆(聴いてみたかった)
「歓びの歌」中学の時に合唱コンクールでドイツ語(カタカナ・笑)で歌いました。懐かしいな~
雄さんも同じ高校のご出身なのですか?
夫婦で同じ趣味をもち、同じステージにあがれるなんていいですね。
あ、赤ちゃんも一緒だから、ご家族で、ですね。
とってもいい胎教になっていそうです♪
Commented by monsteracafe at 2006-09-19 12:13
聴きにきてくださったあやあやさん、ありがとうございました。

おなかの赤ちゃんですが、ゆったりした第3楽章ではおとなしいのですが、第4楽章の激しい音楽が始まった途端、大騒ぎでした。
最後の方は、私が歌うときの激しい腹筋の動きに驚いていたんじゃないかしら・・・。

雄サンは別の高校だったのですが、今回は“関係者”ということで「団友」として参加しました♪
Commented by みみママ at 2006-09-19 20:44 x
卒業生が集まって歌うなんて素敵ですよね♪
子供の預け先さえあれば、行きたかった・・・。

私も高校時代に第九を歌いました。
カタカナドイツ語を注意されつつ、学年でパートに分かれて、毎年歌うのが恒例でした。なんだか懐かしいなぁ^^。

ベビーちゃんにも言いたい今日になったことでしょうね♪
Commented by monsteracafe at 2006-09-19 22:11
聴きたかった、歌いたかった、という方が意外と多くてビックリしています。

皆さん、お子さんがいらっしゃるのでお誘いするのためらっていたのですが、次回はまずはお誘いしたいと思います。
ぜひ一緒に歌いましょう♪

>みみママさん
毎年「第九」を歌うのが恒例の高校って、すごいですね!

私の「第九」デビューは「サントリー一万人の第九」でした。
お子さんやおじいちゃま・おばあちゃまと参加されているご家族も多くて、将来、子供が小学生高学年くらいになったら家族みんなで参加して歌うのがちょっとした夢です。
(気が早い・・・)
Commented by はる at 2006-09-20 08:50 x
「サントリー一万人の第九」!
これ、私もいつか参加してみたいと思っていました。

何だったら、『WMSで第九を歌う』なんて企画もいいかもしれませんねぇ。
みんなのやりたいことを形にするサークルですから♪
第九は、日本での初演が第一次大戦時の鳴門の収容所だったということや、ナチス、ベルリンの壁などにも関連があり、
歴史的観点からも興味があります。
Commented by monsteracafe at 2006-09-20 12:14
>はるさん
映画「バルトの楽園」では、日本で「第九」が初演されたあたりの話が題材になっているそうですね。
第九仲間数人からオススメだと聞きました。
映画館で観られなかったので、DVDになったらぜひ観たいと思っています。
Commented by あやあや at 2006-09-20 23:41 x
映画「バルトの楽園」、見ました。
なかなか良かったですよ。
(この映画を観るまで、日本での第九初演のエピソードは全く知りませんでした)
Commented by あやこ at 2006-09-23 14:15 x
こんにちは。
遅くなりましたが、第九、「ちゃんと全部聴いたことがない」という姉と一緒に行ってきましたよ。
あいにくのお天気でしたが、大ホールが満員の盛況でしたね。
卒業生でこんな規模のオケや合唱ができちゃうっていうところが、すごい高校です。
やろうと思った人、それを形にした人はエライ!
残念ながらヒロちゃん&だんなさまがどの辺にいたのかは分からなかったのですが、「サントリーの第九」を思い出しながら、各パートを堪能させていただきました。
おなかの赤ちゃんにも、いいプレゼントになったのでは?
Commented by monsteracafe at 2006-09-23 20:43
あやちゃん、こんばんは。
どうだったかなぁ、と思っていましたが、当日、来てくれたんですね!
どうもありがとう!
あやちゃんと職場の上司と3人で、初めて「第九」にチャレンジしたときのこと、懐かしいですね☆
あのとき指導してくださった、青木耕平先生の発声、発音、音楽への考え方などが、今も私の「第九」の基本になっています。
<< 大橋 鎮子 「すてきなあなたに」 電動歯ブラシを購入 >>